上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.26 卒業式
ちょっと先週は体調をくずしてまして、ふと気づくと卒業式から1週間もたっていてびっくり。


と言うわけで卒業式の話。

卒業式の日は朝から小雨。

ちょっぴり肌寒い日でした。

兄怪獣はこの日のために準備した服を着て、

いつもとそれほど変わらないテンションで登校。

兄怪獣 
一応おうちで撮影。

きちんとしたスーツにしようか最後まで迷ったのですが、

どうせ1日しか着ないものだし・・・

ってことで、ネクタイ付きのシャツとブイネックのセーター。

いつもより少しおしゃれにキメてます(^^)





兄怪獣を送り出してちょっとしたら私もすぐに出発。

さて、体育館に入る前に保護者受付と言うのを済ませるのですが、

その時に子供からの手紙を渡されました。

その手紙で最初の涙腺崩壊。

「お母さんにはいっぱい面倒をかけてしまってすみませんでした。

でもぼくはお母さんのことを尊敬しています。

それはダメなことはダメときちんと叱ってくれるところです。」

ああ、ちゃんとつたわってたんだなぁと。

わからんちんでグズグズマンだった兄怪獣だけど、

怒っても怒っても同じことを繰り返す兄怪獣だけど、

それでも彼の中に少しずつでも私の気持ちはちゃんと通じてたんだなぁと。

そしてこんな風に言葉にできるようになったんだなぁと。

彼がきちんと成長してるという確かな実感はとてもうれしく、

ほんとはそこで号泣したいくらい感動したんだけど、ぐっとこらえる。

なぜなら。

私ってやつはこんな日にハンカチもティッシュも忘れやがってこんちくしょう(TT)



式が始まって、舞台の上から順番に6年生が登場。

兄怪獣も胸に花をつけて誇らしげに現れました。

兄怪獣 
(注:右隣は保護者じゃないです。同級生です。)

そして卒業証書の授与、呼びかけ(舞台に並んで言葉をかけます) 。

学校自体は1年間だけだったので、学校としての思い出はそれほどないのですが、
(身もふたもない言いかた(^^;)

大変だった西宮での5年間が走馬灯のように流れ、

最終的にはセリフの途中で泣きだす女の子にまたまた涙腺がアウト。




卒業式が終わって、教室に戻ってから担任の先生が最後のお話。

そして「6年1組 解散!!」

そのころには雨も上がって、校門前に5年生がアーチを作って送り出してくれました。




1年しかいなかった兄怪獣は、最後までお友達に溶け込むことは難しかったようで、

写真を撮り合う集団には入れなかったけど(見ていてちょっと寂しかったが仕方ない)

唯一、先生と一緒に校門の前で写真を撮りました。

少し恥ずかしそうな、ちょっとぎこちない笑顔の兄怪獣・・・。

「お母さんに面倒をかけないように」と彼なりに頑張ってくれたこの1年。

私が下した決断に巻き込まれ、

引越しや転校で彼にとっては大変な一年だったろうと思います。

でもそこを乗り越えて、何か一つ大きく成長したような、そんな気がします。



兄怪獣の手紙の最後の方に

「中学生になってもまた面倒をかけると思いますが、

一つよろしくお願いいたします。」

とありました。

ああ、またランクアップした面倒なことがいろいろ起こるんだろうな。

ま、それもまた一つ一つ一緒に乗り越えて行きましょう。


とりあえず今は卒業おめでとう。




***

担任の先生が、嵐の歌の「サクラ咲け」の中の一小節

「振り向くな後ろには明日はないから 前へ 前へ」を子供たちに歌ってくれました。

いい歌詞で私も大好きです。

ちなみに私が一番好きな嵐の歌の一小節は

「いつでも精一杯走って来たって、ウソ偽りなく言えたらいいんだ」(by風の向こうへ) 

自分の下した決断に、「責任もって頑張れよ」って言われてるようで、

「頑張るさ!」っていつも思う。










卒業式の体育館が寒くて寒くて、結局先週はぶり返した風邪にダウンしてました。仕事は休めないので、仕事の合間の日にダウン・・・の繰り返し(^^;  週末にようやく元気になりました。ああ体力が落ちてるわぁ・・・。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   
スポンサーサイト
2014.03.17 レースを編む

ものすごく久しぶりにレース編みをしたくなりますた。

久しぶりすぎてきれいに編める自信もなかったので、

とりあえず簡単なパターンのものをチョイス。

レース 
テーブルセンター。

うちはどこもかしこもとっちらかってて、テーブルの上も油断するとすぐに物置になります。

なので、こういうものをちょっと置いとけば物置化の抑止力になるのではないかという、

淡くはかない希望をですね、持ってみたりするわけです。




レース 

どうしても蛍光灯が映り込んで邪魔をする・・・。


今度玄関の下駄箱の上用にも一つ編もう。そうしよう。
(つまり下駄箱の上もかなりやばい)

というわけで、名付けて「我が家おしゃれ化計画」スタートです。

スタートと同時に終わらないことをどうか祈っていてください・・・(弱気)





*****
 

ハンドメイドネタついでに、この冬に作ったものを。

以前、 「ブラザーズの服 は迷彩ばかり」な記事を書いたときに、
(オレンジの文字をクリックしたらその時の記事に飛びます)

冬にこの生地↓で上着を作ろうと決意しておりました。
迷彩 




そして12月、

割と言いっぱなしが多い私にしてはめずらしくちゃんと作りました!(←偉そう)



ハンドメイド ハンドメイド  
左が弟怪獣の、右が兄怪獣の。

ブラザーズのリクエストにより着脱しやすいように前ファスナー開きで、

見えづらいですがポケットもあります。

寒いこの地域ではフリース大活躍。

毎日学校に着て行ってくれてます。超ヘビロテ。




****

風邪をひいたらしく、熱はそれほどでもないのに昨日は声が全く出ませんでした。

普段喉をやられることがめったにないので、たまに喉をやられると楽しくて仕方ない(←バカ)。

昨日もさんざんブラザーズに「お母さんの声、こわい」と言われながら

無理やり「いらっしゃいませ」とか言わされて遊ばれた。
(今日仕事だったので言えるかどうか試されたらしい)

そしてそれにのっかっておもしろがってしゃべり続けるバカな母(爆)。










そんな無茶をしてるのに今日はだいぶ元に戻っちゃってちょっとつまらない(--)。仕事もちゃんと行きました。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   






その1

とある休日のお昼ご飯。

ブラザーズの大好きなカップ焼きそばを食べようということになりました。

(断じて手抜きではない。なぜなら彼らのリクエストだから)

弟怪獣は若干不器用なので、ソースがうまく混ぜられません。

そんなときはお母さんが混ぜてあげるけど、手間賃として一口いただくのが我が家のルール。

母 「一口もらうねー」

弟 「うん、いいよ」

母 「わーい(^^)  ・・・・(パク)」

もぐもぐと口いっぱいにほおばるお母さんに弟怪獣が一言。

弟 「・・・お母さん、『いただきます』は??」

まさかの弟怪獣からの教育的指導。

母 「う・・・・・・・・・・・ゴク」←とりあえず飲み込む

・・・やっぱりここは一つお詫びの場面ですよね。







どうもすみませんでした!!



ええもう、ほんとによくしつけられてるお子さんですこと。

親御さんはさぞかししっかりされた方ですのねぇぇぇ。

あ、なんですか?

反面教師?? そうですか・・・・。 

とりあえず母ちょっと反省してきます。





その2

とある雪の降る朝の登校時。

かばんだけ持って家を出ようとする兄怪獣に

「ほら、雪が降ってるから傘さしていきなさいよ!」

と言う母に、兄怪獣は「やれやれ」と言わんばかりに呆れたような顔で

「お母さん、子供は雪では傘ささへんねんで」

・・・・・・ はい?

それって、なんていうか全国共通の常識なん?

そうなんや。知らんかったわ。

お母さんたらほんまに無知で・・・







どうもすみませんでした!!

もういいよ。何も言うまい。好きにしてくれ。

「こんな日に傘も持たせてない」なんつって、

お母さんが社会的に抹殺されなきゃいいけどね。








そんな兄怪獣もあと一回登校したら卒業式。2月あたりから毎日カウントダウンするので必要以上に気持ちのどこかが焦ってしまう。このまま中学生になってはたして大丈夫でしょうか・・・。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   






2014.03.10 困り顔のネコ
ふとニコを見ると困ったような顔をしていました。

にこ 

なんとなく下がり眉。








実はそのちょっと前、炬燵の中で膝に乗っていたのですが、

ご飯作らなきゃあかんからどいてもらおうとお願いしたのになかなかどいてくれないので、

ひざ掛けでおくるみのように巻いてしまったことが原因かもしれません。

にこ 
無抵抗で巻かれる。


基本お母さんに何されても無抵抗・・・。 

困った顔で無抵抗。

かわいい。










今日庭の物干しざおに昨夜の雨の水滴がついてたからタオルで拭こうと手を伸ばしたら、その水滴は凍っていた・・・。洗濯物を外に干すのをあきらめて仕事に出たらものすごい雪が降りだした。 3月、まだまだ春は遠い・・・。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   

と言うわけで兄怪獣の参観の話。

父が撮ってくれたビデオを親子三人で観ました(^^)




兄怪獣の参観は音楽でした。

小学校生活最後の参観ということで、1年生からの振り返りみたいな形。

小学校に入りたて・・・という設定で、

「はい、みんな小学校にはだいぶ慣れたかな? 

じゃあ、頑張って練習した合奏をお母さんたちにきいてもらおうねー」


というあまりうまくない先生の小芝居(めっちゃ棒読み)からスタート。

低学年、中学年、高学年という3段階に分けて、

それぞれの学年で習う歌と合奏を披露してくれました。

そして最後は「故郷」の歌を保護者も一緒に歌いましょうってところで、

おじいちゃんも一緒に参加して歌ってくれたのでビデオは終わってました。

兄怪獣は低学年の音楽の時は木琴、高学年の時は鉄琴を担当して、

なかなか真剣な顔をして合奏していました。

5年生までの兄怪獣は音楽の授業が大嫌いで、

先生をバカにしたような態度で授業を受けて(というか、ほぼ妨害して)いました。

そのせいで何度呼び出されて注意を受けたことか・・・。

でも自分でもこのままじゃダメだとわかってたんでしょうね。

6年生でこちらの学校に転入して、授業を妨害するようなことは一度もしなかったようです。

ちょこちょことお友達とのふざけ合いから来る小競り合いなどはあったようですが、

大きなケンカもなく、そのせいで呼び出されるということもなく、

兄怪獣の小学校生活の中では比較的とても落ち着いた1年だったと思います。

ああ、終わるんだなぁと、ニコニコとみんなと一緒にうたってる兄怪獣を観てジーンときました。



だがしかし。

実はそのビデオを観るまでに実は一悶着ありました。

私が「最初の一曲聞いただけで移動した」ということが

兄怪獣にとってとても不満だったのです。

「なんで1曲だけで出て行ったん!?」

「もっといてくれたらいいのに」

兄怪獣には最初に「おじいちゃんにビデオ撮ってもらってあとで見せてもらうからね」

とは言ってあったのですが、それでもやっぱりすごく不満で。

「あいつの方をビデオに撮ればよかった」

「ぼくだってすごく特別な参観日やったのに」

一つ不満を口にすると、あとからあとから出てくる不満不満不満・・・・。

だーかーら。

お母さんも悩んだんじゃないか。

だけど、弟怪獣の二分の一成人式では最後にお母さんに手紙を読むことになっていて、

お母さんが来てない人は先生の前で手紙を読むことに・・・そんなのかわいいそうやん??

と言っても

「全然かわいそうちゃうし。いいやん先生でも!!」

ああ、もうだめだなぁ。自己中でしか考えられないいつもの癖。

そこで自己中兄怪獣に伝わる言葉を考えながら話してみた。

「君のことはあらゆる場面で優先してきたつもりや。 

今回お母さんだってすごく悩んだ。

悩んだ結果、君の最後の参観日を記念にとっておくことにしたんでしょ?

いつまでも残せるように何回も観れるようにビデオにとったんでしょ?

君の二分の一成人式だってちゃんとビデオに残ってるけど、

弟怪獣の二分の一成人式はビデオないんやで??

それでもまだ文句あるか??」

兄怪獣はそこでやっと黙りました・・・。

どちらを優先してもたぶんほんの少しの後悔はもれなくついてくるんだけど、

そういう気持ちを子供に悟られちゃぁなんねえ!!

とばかりに、目いっぱい心をこめてこのセリフを兄怪獣に言ったことで

「君のことを特別に優先してあげたぜぃ!」

思ってもらうことにどうやら成功した模様(^皿^)v


ほんとは直接見てほしかったってことくらいお母さんだってわかってる。

でもお母さんは一人だからどっちかしかいけないのです。

今回、弟怪獣の方もすごく感動的だったし、

兄怪獣の方もしっかりビデオに撮ってもらったからぞんぶんに観ることができて満足!

実際、同じように4年生と6年生を行ったり来たりした保護者の方もいて、

どちらも中途半端で感動し損ねたと言ってました。

だから今回は私の作戦勝ちってことで。ね。いいよね。




そして慣れないビデオ撮影に協力してくれた父にも感謝。







さーて、残るは小学校最後の大イベント、卒業式かぁ・・・。 泣くのかな。泣くだろな。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   


先週の金曜日、高学年の参観があった。

最近は低学年と高学年を一日ずらして参観を行うことが多い。

昨年度までは低学年と高学年に分かれていたので、

二人それぞれをじっくり見ることができたのに、

二人とも高学年の4年生と6年生になってからは、半分の時間で行ったり来たり。

あわただしいことこの上ない(なんせ45分授業だから、20分で移動。あっと言う間)

しかも、前半と後半の読みを誤ると、

二人の発表の瞬間をどちらも見逃したりしてしまうという、

ものすごい負け戦的な気分になってしまうのである(←若干おおげさ)



だがしかし、今回の参観はなんというか、

どちらも「特別感半端ない」参観なのです。

兄怪獣は小学校生活の最後の参観。

弟怪獣は二分の一成人式。

どちらもすごく特別。 どちらもじっくり観たいじゃないか!!

ああああああああ母として、どちらに重点を置くべきか!?

ここ数か月で一番大きな悩み(割と平和な日常)。

どちらも「お母さん、絶対僕の方に来てね」と言う。お母さんモテモテで困っちゃう。

すごーく悩んだ結果、「困ったときのじいちゃん頼み」と言うわけで、

父にビデオカメラの使い方をレクチャーし、

兄怪獣には申し訳ないが、兄怪獣の参観をビデオに収めてもらうことにした。






最初に兄怪獣のクラスの合唱を一曲聞いて、

それだけで涙が出そうになるのを懸命にこらえて、弟怪獣の教室へ。

弟怪獣の教室では、一人ずつ「10歳の誓い」を発表していた。

漫画家になりたい子、看護士になりたい子、弁護士になりたい子、漁師になりたい子etc・・・。

「みんなが楽しめて笑顔になれるような漫画を描きたい」

「みんなが納得する勝ち方ができる弁護士になりたい」

など、4年生って大人が想像するよりずいぶんしっかりしてるんです。 びっくりです。

そんな中で、弟怪獣の発表は少しだけ毛色が違っていました。

「僕はお母さんの手助けをいっぱいして、楽をさせてあげます。

そして大きくなったらお母さんを幸せにするよう努力します」

こんな10歳の誓いを聞かされちゃうと、お母さん照れくさくてもじもじしてしまいますよ・・・。






すごくわかりやすい兄怪獣に比べ、弟怪獣はたまにすごくつかみどころがなくて、

親が私だけになってしまったという事実も、

実際の所どんなふうに受け止めてるのか測りかねるところがあります。

兄怪獣の発達障害ゆえの我慢のきかない性質などの影響もあって、

弟怪獣にはたくさんの我慢をさせてしまってると思います。

それでも、年と共に生意気になってきたし、一著前の口はきくし、すごく頑固な部分もあるし、

「くー!腹立つ!」ってことも増えてきた弟怪獣。

でも弟怪獣のこんな発言は、やっぱり私が子供たちに甘え過ぎてる部分があるんだろうなと

大きく反省する次第です(言葉の端々をよく聞いてる子なので)。

普段、怒ってばかりの私だから、もう少しちゃんと言葉と態度で伝えないといけないですね。

「君たちがいるからお母さんは十分幸せなんやで」ってことをね。



子供の頃って、「将来なりたいもの」はその時その時の興味の対象によって変わります。

野球部で頑張ってた頃の弟怪獣の夢はプロ野球選手でした(←すごくありがち)。

野球をやめた今はサッカーに興味を持って、

サッカー選手になりたいという大それた夢を持っています(←めっちゃありがち)。

1年後にはまた何になりたいか変わってるのかもしれません。

今はどんな夢でも見れるし、どんな夢にも間に合う年齢。

だから、その時その時になりたい物に向ってがんばればいいんです。

お母さんの幸せも、君の幸せもその先にきっとあるから。


と思うのですが、どうでしょう(^^;)



長くなったので兄怪獣の参観の話はまた次回。







で、そんな大感動の誓いの中には「お兄ちゃんとケンカしないようにする」ってのもあったんだけど、その日のうちに大喧嘩というのはもちろん「あるある」ってことで。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。