上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前方に黒い塊を発見。

怪しいので近寄ってみます。

ニコ 





おっと、くろい塊の左中腹からなにやら噴出いたしました!


ニコ 




噴出したあとからなにやら大きな塊がはえてきております。

これはいったいなんでしょうか!?

ニコ 




おーーーっと、ニコです!! 

ニコがとてもかわいくクッションを枕にねております!!

ニコ 

いやー、なんと見事なクッションづかいでしょうか。

猫ベッドのふちにかかるように設置、そこに頭を乗せるなんて、

寝心地をよくするための工夫が随所に見られ、とてもあの小さい頭で考えたとは思えません!!




・・・お母さん、あのね、

ニコ
う・る・さ・い!!!!!


はい、ごめんなさい<(`^´)>!



以上、とても上手にクッションを使う賢い猫を中継でお伝えいたしました!!










中間テストの結果なんて秋の空に飛んで行ってしまえ(--)  ←母、息子とともに現実逃避真っ最中につき、更新が滞っております。あしからず。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
スポンサーサイト
兄怪獣の中間テストが終わりました。

もうね、テスト勉強が大変なんです。

夏休み中に一度スクールカウンセラーの先生の話を聞きに行った時、

兄怪獣が5年生の時にした発達テストの結果を見て、

「ああ、この子は応用問題とかはむずかしいね」


と言われました。

英語も、一つの単語がいろいろ変化することについていけないんじゃないかと。

兄怪獣は目で見たことには反応は早いのですが、

自分の頭で答えを導き出すという部分が少し弱いのです。

なので、勉強は「基本」を中心にということでした。


なので、私なりに兄怪獣の勉強プランを練ってみたりするわけですが、

いつもギリギリにならないと教科書なんかおもち帰りにならないので、

必然的にスケジュールはキュウキュウになってしまう。

が、兄怪獣は自由の国の住人。

私のアドバイスは無視して自分で勝手に「ラクな」方に流れます。

「そんなんじゃ頭に入らないんじゃないの?」

という私に

「いいの!自分のやりやすいようにやるから!!」とムキになって答える兄怪獣。

一応言っとくと、それでやって1学期ボロボロだったから、

今度は少しでもまともな点数がとれるようにと私も少ないノーミソしぼって

勉強の順番とか方法とか君に合わせて考えてるんだがな?

さらさらーっと勝手にやって、あっという間に終わる。

「はい、今日の分は終わり!」

えっと、まだ8時なんだけど? テストまで時間ないけど、ちゃんと覚えたの?

「え、そんなん一回で覚えられるわけないやん!」

これまたさらっとおっしゃる・・・。

お母さん、うおりゃぁぁ!!っとテーブルを返したくなるのをぐっと我慢。

兄怪獣としては

「自分はやったのにお母さんが褒めてくれないばかりかいちゃもんつけてくる」って気持ちなんでしょうね。

百歩譲ってその気持ちは分かったとしても、「覚えてません」「でもやりました」ってなによそれ。

テストなんだよ。覚えてないと書けないだろうが!!

ってお母さんだって湧き上がるイライラがあるわけで。

でも言えば言うほどお互いムキになってしまうので、

「わかった。じゃあお母さんはもう何も言わない。そのかわりちゃんと結果出しなさい」

というと、最終的に兄怪獣ブチ切れるというorz

勝手にやるし、覚えないけど、見離すのは許せない!ってとこでしょうか。

とにかくキレます。

キレたってどうしたって、「よくやったね」なんてセリフ、お母さんからは引き出せんよ、君。

ひとしきりキレて、気が済むまでお母さんに悪態の限りを尽くす兄怪獣。

こうなったら何を言ってもどうこたえても「自分への批判」とした受け取らなくなります。

会話が成立しない。ので、勝手に言わしておくと、「無視するなや!!」となります。

どないせぃっちゅうねん。 

普段はお母さんに「あのな」ということさえありません。

うっかり「あのな」と言ってしまったらあわてて「あ、間違えた『あのね』」と言い直す兄怪獣。

お母さんの前では「オレ」とさえ言いません。

それらは友達との間の言葉だから。

いつの間にか自然にそうなってる我が家のルール。

でもキレてるときはさすがにものすごい(それでも「オレ」とは言わない。習慣ってすごい)

なので、「お母さんにそれだけのこと言うんやから、もうお母さんに勉強のことは聞かんといてな」

と言うと、「なんでそうなるんじゃぁぁぁ!!」とこれまた意味不明の返しをされます。

いやいや、そんな君に何をどう教えると言うんじゃ?とお母さんが聞きたい。

まぁでも言いたいことをだいたい吐き出したらその後、しばらく別室でクールダウン(←自主的に)して、

20~30分たったら、「お母さんさっきはごめんなさい。勉強教えてください」となります。 

いいんだけどね。 

お母さん君ほどくっきりはっきり気持ちの切り替えできないよ・・・。

これがテスト前からテストが終わるまで何度か繰り返される我が家の無限ループ。

正直疲れるし、いい加減にしてほしいと思うし、時間の無駄やん!!って思う。

兄怪獣の「ごめんなさい」でお母さんが許せないときだってある。

思春期に入って、反抗期でもあって、むずかしさをました兄怪獣とのコミュニケーション。

経験することが何よりの学習手段なので、毎回懇切丁寧にお母さんの気持ちを説明します。

そしてどうしてもくどくなる(--)  私も簡潔に言葉を紡ぐ訓練しないとな。



こないだのケンカで、兄怪獣はやっと「無謀に向かっていくことの恐怖」と向き合いました。

実はあの後、N君が友達の筆箱を取り上げて放り投げて遊んでる場面に遭遇したそうです。

そして「やめさせたい」という気持ちと同時に「でもまた殴られたら怖い」って思ったそうです。

臆病者になってしまったと言われてもかまいません。

私は「やっと学習したな」って思いました。

今まではどんな状況だって向って行ってたんです。 「恐怖」を知らなかったから。

今回、それを学んだことは大きいんじゃないかと思います。

自分の力を知る。 相手の力を知る。

大事なことです。



話がそれました。

うんまぁ、とにかく、勉強に関しても自分の力をね。もっと知るべし!

ってことですかね。うん。




それでも1学期よりはすこーしだけ勉強時間が増えた兄怪獣。

よく見ればすこーしずつ成長してなくもない。

さてさて、テストの結果は来週です。 あー楽しみ。







今日は久しぶりに回転寿司に行った。ちょっとだけおなかを膨らませといてやろうと、おやつにボリュームのあるクッキーをそっと出しておいたのに、奴らは手をつけなかった。なぜかと聞いたら「これ食べたらおなか一杯になりそうだったから」 ああ、お母さんの悪巧みはまったくの無駄に終わったのでした。ふふ、財布が軽いぜ・・・。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

先週の話になりますが。

兄怪獣のことやニコのことでごたごたして身心ともに疲れ果ててしまい、

めっきりふけこんでしまっていたので

気分転換と女子力アップのために西宮のお友達のcafeにお出かけレッツゴー。



cafeでは月一イベントをやっていて、お目当ては耳つぼピアスの「華耳」さん(^^)

何がすごいって、耳を見ただけで「あー、腰が疲れてますね」とかすべて言い当てちゃうんです。

耳ってそのくらいツボがあるってお話。

で、今回は「目」「肩」「腰」「胃」「自律神経」のツボ(←オバサン仕様)に加えて、

「美肌」と「リフトアップ」のツボ(←女子力仕様)をとってもらいました。

この「リフトアップ」のツボがすごくてですね。

ツボを押さえた瞬間ラインが上がるんです。

今回お恥ずかしながら証拠写真としてわが身をさらしてみますので、

あまり画面の前で笑ったりしませんように(--)。


耳つぼ 

画面に向かって右側の耳の「リフトアップ」のツボを押したとこです。

左側と比べて矢印の部分の頬のラインがすっきりしてるのがわかりますでしょうか?


華耳さん曰く、「以前エステのお仕事してた時は、何十分もかけてマッサージしても

『ああ、すこーしラインが上がったかな?』ってくらいなのに、

耳つぼは瞬間に効果が出るからすごくやりがいがある!」そうです。

ただ、久しぶりの耳つぼはめっちゃくちゃ痛かったですけどね。



耳つぼ 

片耳に7つのツボ。

今回は仕事のことも考えてあまり派手になりすぎないよう飾りのストーンは3つ(でも十分派手だ)。

これで少しは女らしく見えるようになったでしょうか(^^)


そのあとは散々友達とおしゃべりしてかなり気分もリフレッシュ。

こういう時間って大事です。生き返る(≧▽≦)


***


そして、帰り道。

いつも通る道の「こんなとこに?」ってところに喫茶店が一つあります。

そこはむかーしむかし、塾の先生が連れて行ってくれたことのあるとても古い喫茶店。

そこを通るたびに「あー、ここに連れてきてもらったなぁ」と毎回思うわけですが、

今回、初めて気づいたことがありました。

なんだかすごく看板が変。

さて、ここで看板を見る前に皆さんに質問です。

コーヒーには何が合うと思いますか?

やっぱりスイーツ系だと私は思うのですが、どうでしょうか。


でもこの喫茶店は全く違う提案をしてきたのです。

では、ここで正解を見てみましょう。











正解?はこちら。
喫茶 

まさかのみそ焼。 何のみそ焼き?

ちょうどここで渋滞したので撮れた奇跡の一枚。









気にはなるけど確かめる勇気は今の所ない。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです











兄怪獣の喧嘩騒動の翌日、弟怪獣は海洋学習と言って、天橋立に一泊二日の宿泊学習。

これが西宮だったら「自然学校」と言って丸っと一週間「行ってら~ってとこなんだが、

大阪の学校ではそんな素敵なプランはございません。一泊って早い。

いつもより早い出発に、お弁当なんかもつっくったので、お母さんはちょっと寝不足。

お見送りも学校まで行こうかと思ったんだけど、

兄怪獣もちゃんと学校に行かせなくちゃという局面だったので、

この日は門の外でお見送り。

角を曲がって姿が見えなくなるまで手を振ってから、家に入って次は兄怪獣の朝ごはん。

その後30分くらいたったころ、どこからかニコの鳴き声が聞こえる。

あれ?そういえば、ニコってどこにいる??


いつもの猫ベッド、押入れ、2階、それこそ兄怪獣と二人で家じゅう駆けずり回って探すもいない。

そこにまたもやニコの鳴き声。そのか細い、どこか不安をにじませた声が胸に刺さる。

どこやーーーー!!

もう一度ニコの鳴き声。

外や!!

和室の窓を開けると、腰が引けまくったニコが庭の角からこちらを見上げていた。

わーーーーーーん、なんで外におるんやーーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 


パニック。

「ニコ、おいで」 と呼んでも腰が引けて引けて一歩進むのも亀よりのろい。

登校直前の兄怪獣に「見といてな!」とその場をまかせ、玄関までダッシュ。

ニコの後ろからそっと近づき無事に確保することができたのでした。

そこでグルグル頭に渦巻く疑問。

「一体いつ外に出ちゃったの??」

そして、よくよく考えてみたら、弟怪獣のお見送りの時に玄関あけっぱだったかも・・・。

普段は玄関に続く廊下の扉もきちんと閉めるのに、

おそらくその日はうっかり開いていたんでしょうね。

そしてその先に開けっ放しの玄関。

ニコはそーっとそーっと、おそるおそる冒険の扉をくぐったのでしょう。

そしてそんなことに全く気付かないお母さんが扉を閉めてしまったので戻ることもできず、

庭をうろつくこと30分・・・\(◎o◎)/!

そこまで想像したらもう汗と心臓のバクバクがとまりません。

よくぞそこにいてくれた(ToT)

パニックになってよそに飛び出して行ったりしないで良かった。

お母さんのことを一生懸命呼んでくれてよかった。

ニコはビビりで外に出ない子だって思って油断してました。

でも、ビビりでも扉が開いてたら好奇心だってうずくし、外にはお母さんもいるし、

ちょっと出てみる?って気にもなるよね。

お母さんが悪かった。ホントにホントに悪かった。



言い訳にしかならないけど、前日に兄怪獣の喧嘩騒動、そして弟怪獣の一泊旅行の準備、

そして朝は早起きしてお弁当作って最後の準備して、いつもよりたっぷりの時間を使ったお見送り。

兄怪獣はいつもの朝ごはんは食べれないから、その準備にまた手間暇かかってしまうし、

なんていうかヘトヘトで、何もかもがいつものリズムと違ってたのです。

でも、そんなことニコには関係ないもんね。

かわいそうなニコは足とおなかが泥んこになってしまったので、朝からお風呂へgo。

冷える朝なのに、外に出て怖い思いしたのに、なにゆえ大嫌いなお風呂まで・・・。

ニコにとってはとっても大変な朝になってしまったのでした。




ここはもうとにかく

お母さん大反省!

願わくば、ニコにとってこの日の経験がトラウマになりませんように・・・。




ニコ 
ごめんよ、ニコ。 





ニコ 
キロン
 

あ、冷たい眼・・・(=_=)



ニコ 
ドライヤー許すまじ!

あ、それね。 だって寒かったから早く乾かしてあげようと・・・

許すまじ!!

ひぃ・・ごめんなさいぃぃぃ・・・・\(◎o◎)/





でもおかげでふっかふか。 
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

兄怪獣はその後特に問題もなくあざも日に日に薄くなってきています。

やっぱり若いってすごいわ・・・。代謝がいいんですかね。

うらやましい。


ちなみに電話をもらった時点で私が一番気になってたのはN君の怪我なんですが、

N君は兄怪獣を突き飛ばした時と、殴った時に指に変な力がかかったようで、

「手が痛い」だけということでした。 

うん、まぁ・・・そっか。お大事に←言いたいことは飲み込む大人。




先日、経緯の説明として夕方学校に呼び出されたとき、

相手のN君のお母さんも一緒にお話しすることになりました。

この対応は正直意外でした。

学校はできるだけ親同士の接触は避けるんだろうと勝手に思っていたので。

まぁ、N君とのトラブルは今回が初めてではなかったので、

顏合わせということもあったのかもしれません。

N君のお母さんはなんとなくか弱い感じの方でした。





えっと、ここから先は私の個人的意見が盛大に盛り込まれてますので、

不快に感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、

あくまでも一個人の考えということでお読みいただけたらと思います。



お話しする中で、N君も発達障害があるということを聞きました。

これは私も想像していたことだったので(だってあまりにも家での兄怪獣にそっくりだったから)

驚きませんでしたが、N母の言いかたに引っかかりました。

「うちの子には障害があるんです」


それが私には、

「うちの子は障害があるからこんなことしちゃうのはしかたないの」と聞こえたのです

私の勘繰り過ぎかもしれませんけども。

ただ、そんな風に私が感じてしまったせいか、そのあとの話でも何度も引っ掛かりを感じました。

詳しい内容は端折りますが、どうやらN母は完全にN君に負けてるらしいということです。

N君は兄怪獣以上に感情のコントロールが難しい状態らしいということなのですが、

見るからに弱そうなN母なので、N君が癇癪を起したら手を付けることができないのでしょう。

それはそれでたぶんすごく大変な状況なんだろうと思うし、すごく疲れてるようにも見えました。

そしてそれが、最初の「うちの子には障害があるんです」って言葉につながるのかなぁと思います。

各ご家庭のことは私がとやかく言えることではないし、

発達障害の子がどんなふうに癇癪を起すのかなんて、

私は兄怪獣しか知らないからエラそうなことは言える立場ではないことは承知しています。

そして、当然それぞれのおうちで、大変な中いろいろ頑張っておられるのだろうと思います。

でも、発達障害を免罪符にして逃げてちゃこれから先もっと大変なことになるんじゃないでしょうか。

まあでもこれは私個人の考えただから、何が正しいとかではないのでしょうけど。





そして私が到達した結論。

やっぱりお母さんは強くないとあかんのとちがうか?
ってこと。

ちなみに私、現在の所まだまだブラザーズには負けておりません<`~´>←えらそう

あいにく、我が家は親が私一人になってしまったから、私がお母さんであり、お父さんでもあり。

(あ・・・だから最近私はおっさん化がとまらないのか!? 今気づいたわ)

逃げる場所もないし、逃げるつもりもないし、ブラザーズとは体当たりで生きてます。

まぁ、隣でいつも我が家のバトルを垣間見てる父からしたら

私もまだまだ未熟な親で見てられん!ってこともあるでしょうが、

とりあえずこれからも我が家は「お母さん最強!」のままで行こうと思います(--)b

イェイ。







おっさん化が進みすぎて将来「おじいちゃん」になってしまったらどうしようって言うのが、現在の私の悩みです(--)。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです


割と久しぶりに学校からのお呼び出しがありました。

もちろん兄怪獣。

その日は仕事が休みで、少し早目のお昼ご飯を食べてたときのことでした。


「3時間目にちょっとお友達とトラブルがありまして、兄怪獣君が顔を殴られました。

病院に連れて行こうと思いますが、お母さんはこれますか?」


すっぴんボサボサですけど行かせていただきますがな。

保険証を握りしめて病院に行くと、それはもう見事に片目が半分くらいにつぶれて

その周りを青いあざで縁取られた絵にかいたような「殴られたヒト」がいた。

ホントにもうなんていうか、「あーあ、やっちまったのねー」という感じ。

病院に付き添ってきてくれてた養護教諭の先生は

「あとで担任から連絡があると思います」しか言わず、

あまり多くを語りたくないのか(話しちゃいけなかったのか)、まったく要領を得ない。

でもなんとなく相手に心当たりはあったし、いきさつも想像はできたので、

「相手はもしかして、N君ですか? N君の言葉を聞きとがめた兄怪獣が

突っかかって行って反対にやられちゃったってところでしょうか?」

とカマをかけてみたところ、あわてたように

「え、え・・・担任から聞きましたか!?」

おや、ビンゴなんだ。

わたしエスパーかも。




N君と言うのは1学期から兄怪獣とちょくちょくやりあってたらしい子で、

言わば「いらんことしぃ」の部類に入る子。

誰かにしつこくちょっかい出したり、注意されたら逆切れしたり。

(おや、まるで家にいるときの兄怪獣のようだ。)

そして学校での兄怪獣は、この子が人にちょっかい出してるのをスルーすることができないらしい。

で、「やめろよ」とこちらもしつこく注意して、お互いのボルテージが上がってゴングが鳴るという、

こういうことを何度か繰り返していたという経緯がこれまでの土台にありまして。



その後、顏の打撲と足首のねんざ(突き飛ばされたときにひねったらしい)と診断され、

骨に異常はなさそうだったのでとりあえずホッとしました。

兄怪獣は予想外に落ち着いていて(ケンカとかだと割と黙り込んで不機嫌なことが多い)

「痛かったね。けんかしてもなんもええことないやろ?」と聞くと、

「・・・うん」 ←素直。

普段ケンカなどの場合は「言いたくない」と言って話したがらないのですが、

今回は怪我もひどいことだし、そんなわけにもいかないよね。

「いやかもしれへんけど、今回は何があったかあなたの口からきっちりきかせてもらうで」

「うん、わかってる」←結構素直。

この返事は予想外。ちょっと成長を感じました。

その後、午後の授業を受けるために兄怪獣は学校に帰っていきました。



そして、夕方、今度は「経緯の説明」を受けるために再び学校へ。

経緯は大方私の想像通りでした。 

この日は、注意する兄怪獣に、「はいはい わかりましたよ!!」と返事したN君。

それに対して兄怪獣がやめときゃいいのに「そういう言いかたがむかつく!」と言いかえしたところ、

激しく突き飛ばされ、派手にひっくり返り(このときに足をいためたらしい)、

そこで完全に頭にきた兄怪獣が向かっていったところ、ボッコボコにやられた・・・と。


中学生になると、体の大きさに比例して力も格段に強くなる。

だから、今後シャレにならない怪我をすることだってあるはず。

今回、兄怪獣は殴られて痛い思いをしたけれど、

自分の力量を見極めることができたんじゃないかなと思う。

兄怪獣は体は小さいし、腕っぷしも強くない。

だから無謀な真似はしなきゃいいのに、我慢がきかないから向かって行ってしまう。

結果として目にも鮮やかなアザを作ることになってしまったけれど、

もし、兄怪獣の体が大きくて力も強かったら

逆に相手を大けがさせてたかもしれないと思うと、ぞっとする。

まだ怪我をする側でよかった。(いやよくはないんだけど)

ただ、怪我をしても、怪我をさせても親の胸はとても痛むということを知ってほしいなと思う。



さて、ボッコボコの兄怪獣。 

ほっぺたあたりにもあざがあって、物をうまく咬むことができないと言う。

「お母さん、ゼリーみたいなんがいい~。そんなんしか食べられへん~」

今回、きっかけは「お互い様」だったけど、

ちょーっと相手がやりすぎかな?というのがお母さんのジャッジ。

なので、ちょっとだけわがままを聞いてあげることにしようか。

と、栄養ゼリーに玉子豆腐、モズクにプリンという、

咬まずに食べれる夕食ラインナップをそろえてみました。

しかも好物だらけ。 よかったね。

食欲はまったく問題がない兄怪獣、ぺろりと平らげてご満足な様子でしたです。

「翌日の方がひどくなる」と散々脅された目の周りのあざも、よく冷やしてたのがよかったのか、

翌日もそんなめちゃくちゃひどくなることもなく、

喧嘩から3日目の今日は普通に食事もできるようになりました。

若さってすごい 回復力・・・!?

えーーと、買いだめした栄養ゼリー、どうしようか・・・。









次回はちょっとお相手の方のお話をすこーし・・・。

男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです



またまた台風来てますね。

今回も日本縦断していかれるみたいで、ほんと迷惑。

今年はいったいどうなってるのかと思います。

みなさま、十分にお気を付け下さいね。



***


なんとなくバタバタと忙しい今日この頃。

ここはやっぱりこの方に癒していただこうかと思います。

ニコ
一時期まったく見向きもしなかったこの猫ベッド。

捨てるべきか悩みつつ放置してたら、何かの周期がめぐってきたようで

ここ何週間か日中はほぼここで寝ています。






ニコ 
なんというか手足の絡まり様がすごい・・・・。

どれが手でどれが足なのか・・・あ、そもそも全部足と言うべき? そうなの?

これだけ絡まっててもにやりと笑いながら熟睡なさってるとはさすがです。






また別の時にふと見ると、



ニコ 
なぜか下半身はベッドの外にはみだす。

これ、私の足でもたまにやってるんですが、お腹で乗っかるっていうんでしょうか。

なんか気持ちいいんでしょうかね?




ニコ 
オシリがどっちりとした安定感。

この短いチッポをプンプンふるのがまたかわいいんだこれが。







ニコ 
んもう、また見てる!!


あら、心外な。いつだってどんなときだって見てるのよ。←開き直る

君がいる限り、お母さんはずーーーっと見てるんだよ。

そして、たまに我慢の限界がきてモフモフするんだよ。

モフモフされちゃうのは君がかわいすぎるから、仕方ないんだよ。

わかったか~!!

わかったらあきらめろ~!!!










映画「愛と誠」で流れてた「激しい恋」という歌が頭から離れない。思い返せば3~4歳の頃、西城秀樹に恋をして一生懸命歌って踊っておりました。「♪やめろと言われても 今では遅すぎた~♪」 のフレーズをはっきり覚えてる。 そうかー。初めて好きになったアイドルは西城秀樹だったかぁ・・・と改めて自分のイケメン好きの歴史を振り返る。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
 
というわけで、ブラザーズと約束していた長袖Tシャツ作りました。


まずは兄怪獣の分

パーカー
こちら、パーカーになってます。

パーカー 
フードだしたとこ。

配色に問題があったようで、ペンギンにしか見えないっていうね。

ごめん。




パーカー 
胸にきらめくアイロンプリント。



そして素直に着画。
パーカー 
着てみるとまぁまぁペンギンぽさは少し薄れるかな?? 大丈夫?

兄怪獣自信は気に入ってくれてるのでこれで良しということで。
(↑ペンギンとか言うと着てくれなくなりそうだから言わない)





お次は弟怪獣の分
切り替え 
弟怪獣はパーカーは嫌だということで普通のカットソー。

縞々の生地がちょうど半袖分残っていたので、思い切って袖を途中で切り替える

「重ね着風」
に挑戦してみました。

普段何気なく見るこういう袖も、いざ作ろうと思ったら表とか裏とかめちゃ念入りに観察。

なんとかうまくいきました。




切り替え 
胸にきらめくアイロンプリント。兄怪獣とは色違いで。

おまけのキラキラも付けてみた。



そしてこちらも素直に着画

着画 
兄怪獣よりがっちり系の弟怪獣の分は身幅を少し大き目に作りました。

そうしないと首回りがきついって文句が出るのです。

ええ、頭が大きいので、ちょいちょい苦労してます。 





最後は二人並んでとっても素直に着画。

コンビ 
兄怪獣の背伸び疑惑ww

やっぱ少しでも大きく見せたいんだね。うんうん。




なんだかんだと今年はたくさん服を作ってますね。

Tシャツ系ばっかですけど。

自分の好きなことに没頭する時間があるというのは単純にうれしい。

つぎ作るのは冬バージョンですかね。








妹から借りてる妻夫木聡主演の「愛と誠」という映画を観ました。 オリジナルを知らないから、やらかし度合いはわからないんだけど、「やらかしてるなぁ」っていうことだけはわかる。なんというか、まったく意味の分からない映画でしたが、吹っ切れ具合といい、ぶっ飛び具合と言い、私はすごく面白かったです。
 
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
おたふく風邪も治り、快気祝いは「焼肉がいい!!」とご所望だった弟怪獣、

先日誕生日を迎え、無事我が家のぞろ目が出そろいました。(ぞろ目とは⇒☆



誕生日当日は兄怪獣が紛らわしい風邪で発熱中で、ごちそうどころではなかったので、
日を改めることになったものの、「焼肉食べれると思ったのに・・・」とご不満気味。

あれ?快気祝いと誕生日は一緒でおっけ? ってことで、

兄怪獣の熱も下がった私の休日に合わせて焼肉でハッピバースデイとあいなりました。

焼肉も、食べに行くには遠いし高いから、たっぷりのお肉を奮発しておうちで。

我が家で牛のお肉お腹いっぱい食べれる機会はそんなにないもので、

ブラザーズのはしゃぎっぷりがちょっとね、あまりにもせつなくてね、母落涙しそう。

これからはもう少し牛のお肉の登場を増やそうと思いました。




そして、お楽しみのケーーーーキ♪
ケーキ 
弟怪獣のリクエストは生クリームたっぷり!!

いかがでしょうか? 合格でしょうか? 



ケーキ 
そしてろうそくが11本!! あかん、ケーキが埋まってる!?

11ってちょっと微妙で、「長いの1本と短いの1本」ってしちゃうとたった2本になっちゃうし、

11本全部立てるとあまりにも多いっていうね・・・。




ケーキ 
というわけで11歳になりました。

生意気で憎たらしいことばっか言うようになったけど、

お兄ちゃんとのケンカも毎日うっとうしいくらいやってるけど、

まだまだかわいいお母さん大好きっ子。

元気で実りの多い11歳になりますように。







本日は映画「るろうに剣心」の後編を観に行ってきました。 すごくよかったです(^^) まぁちょっとヒトが死に過ぎる気はするけども。
帰り道、コンタクトレンズに光がにじんでしまって(私は瞳孔が大きいらしくてコンタクトからはみ出たところに光が入るとスパークしちゃうみたいです)車の運転がものすごく怖かった。 無事に帰れてよかったわ。 
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
えーーーーーーっと。

まずは前回の記事(⇒)のおさらいです。


弟怪獣がオタフクから回復して3日後、

感染したと考えるには微妙な時期に兄怪獣発熱。





ヤキモキのその結果でございますが、

思った通り、兄怪獣はタダの風邪でございました。

熱も39度近くまで上がってたのにねぇ。

まったく喉が腫れてくる気配もなく、翌日は鼻水がグズグズ言い始めたです。

あああ、もうこれはまったくおたふくではないよねorz。

とがっかりしながらも、まぁ熱もあったので一応病院へ。

先生相手にさんざん「がっかりですぅ」「残念ですぅ」

と繰り返す母の図を想像してください。

あはは・・・すごく変(T^T)。

でもほんとにがっかりで残念で無念ですわよ。

で、先生と悪~い顔で相談した結果、3週間しておたふくに罹患しなければ

強制的に予防接種を打つことに決定いたしました。

オタフクは大人になってからかかると厄介だといいますからね。

もうこれは決定事項なので、強制施行いたしますのでよろしく。




期待?を全く裏切らない兄怪獣。

兄怪獣の自慢は

「ぼくはインフルエンザにかかったことがない!」 というものなのですが、

以前、弟怪獣と私が続けざまにインフルに感染し、高熱で苦しんでる中、

兄怪獣は隣でまったくただの風邪で高熱出してたって言う・・・。

インフルの検査もしたんですが、反応が出ないんですよ。ホントに。

このインフル菌蔓延してる中にあって、なんで君はタダの風邪なわけ?

せめて母が調子戻ってから熱出してくれないかな・・・という絶妙のタイミング。

兄怪獣はそういう子。



私が風邪で37度5分くらいの熱があって、

「あー今日はしんどいなぁ。ゆっくりさせてもらおう」なんて考えてると、

「ぼくもなんかしんどい」と言い出して、隣でゴソゴソと熱を測り、

「お母さん、ボク37度9分」
とか、いわれたらねぇ。

仕方なく復活を余儀なくされるゲホゲホな母の図。

ほんのちょっとも休ませてもらえないかわいそうな母。

ほんと兄怪獣はそういう子。


いつだって絶妙なタイミングで熱を出してくれる。


なので、今回ホントに兄怪獣の絶妙な発熱のタイミングにヤキモキしたのでした。

まぁいいです。 もうワクチン確定ですから。 決まってしまえば気も楽ってもんです。

すると兄怪獣、

「じゃあ、注射したら何かご褒美買ってもらうからいいよ」

・・・・・

兄怪獣よ、中学生はお注射くらいでご褒美なんてほしがらないんでちゅよ??

わかりまちたかぁぁ??









体は子供、頭脳はさらに子供、その名は兄怪獣!! ・・・・頼むよ兄怪獣(涙)。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

先日、看病と仕事の真っただ中でふと見たテレビ。

「アメトーク」って番組のスペシャルだったのですが、

芸人さんが、敷き詰めた足つぼマットの上でサッカーのPKやったり縄跳びやったりと、

不健康な体には軽く拷問な企画をやってましてね。

うわーーーー、私も乗ってみたいなぁあれ・・・と思いながら観てたら、

ゲストで出てた米倉涼子さんが涼しい笑顔でジャンプしてるんですよ。

うわー、彼女すごいなぁ、健康なんだなぁ・・・・

これはぜひとも私もやってみたい!!

という暴力的なまでの欲望が脳内を駆け巡り、

ふと気づけば、ソッコーでネットで注文かけてましたわ。

ふふ、疲れてたのね。

そうよそうにちがいない。




というわけで、二日後、届いた品物をウキウキと開封。

あしつぼ 
こんな感じです。

結構長い。 ツボ押しの部分はプラスチックなので、強度はさほどないかもですが、

いい感じに凸凹してて乗ると痛気持ちいいいいいい(≧▽≦)!!!

当時おたふく風邪治りかけで不健康真っ盛りの弟怪獣は乗ると悶絶しておりました。

ということは、私は自分で思うほどには不健康ではないってことなのかな??

まぁいいです。 とっても癖になるこの乗り心地。

値段は、1900円台のと1500円台のとあって、

違いがよくわからなかったので、もちろん迷わず安い方。

このお値段でこの使い心地は、なかなかいい買い物でした(^^)


とりあえず毎日洗濯物干す時に乗っかってます。

うん、元気になれそうな気がする。←単純




***

一緒についてたツボの説明書。

足つぼ 
イラスト入りでどこの反射区かという説明が書いてあるのですが、




足つぼ 
目のとこがやたら怖いっていう・・・。

そこは漢字でよくね?











そして今朝から兄怪獣発熱。 でも喉は腫れてないからちょっと微妙。 潜伏期間を考えてもとっても微妙。兄怪獣という子はいつもそう。紛らわしい時期に紛らわしい風邪をひくから油断ならない。とりあえず明日病院連れて行きます。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

今週の月曜日、頬のぷっくりの発現から丸々一週間をもちまして、

弟怪獣のおたふく風邪は無事完治いたしました。

弟怪獣という子は、普段めったに風邪もひかないのに

マイコプラズマ肺炎だったり、オタフクだったり、

何年かごとに高熱の出る疾患にかかる。

で、一度高熱が出るとなかなか下がりにくい体質。

今回も、39度後半の熱が丸3日続いたので、かなり消耗しておりました。

しかも間の悪いことに、弟怪獣が高熱でうなされてる間、私もすこぶる忙しかったという・・・。

しんどい子供にずっとついててやれないという、申し訳ない日々。

普段は「行って・行って・休んで・休んで」と、まるでカスタネットのような勤務体系なのに、

先週末から「行って・行って・行って・行って」の4連勤。

4連勤の前の日は兄怪獣の体育大会だったしね(そしてそのまた前日は仕事)。

まぁ、仕事は2時で終わるので、毎日飛んで帰ってきてましたが、

とりあえず弟怪獣は熱があるときはおとなしく寝ててくれる子なので助かります。
(もちろん、じいちゃんにはちょいちょい覗いてもらっていた)

あとは兄怪獣に無事?感染してることを祈るのみ。

オタフクは早めにやっとけよ~。


*****

というわけで、先週金曜日の兄怪獣の体育大会。

弟怪獣が高熱なので、兄怪獣の出番のない時間は家に戻って様子を見て・・・

を繰り返すこと3往復。 学校まで5分の距離だけど、結構疲れた。

家に戻ってるときは、窓を開けておけばかすかに放送が聞こえるので出番が近づくとダッシュ!
(午後の部の始まりだけは友達にメールお願いしましたが) 

とりあえず兄怪獣の「見てほしい」という気持ちも

きちんと成就させてやることができました。

めでたし。 

 兄怪獣
開会式の入場行進は吹奏楽部の生演奏で。

かっこいい白いスーザホンの隣でホッペを膨らませて頑張ってるのが兄怪獣。

来年はもしかしたらこのスーザを兄怪獣が担当するかも・・・・。って持てるのか?



競技中はビデオが忙しいので、うまく写真がとれないので、こちらなど。

兄怪獣 
文化委員の彼の仕事の一つ。

3年生の玉入れの球を数える(←超重要任務)


兄怪獣
兄怪獣よ、なぜに君はそんなこぼれんばかりの笑顔なのか・・・。

私の隣で観ていた見知らぬおばあちゃまお二人が、

「見て、赤組の担当の子。すっごい笑顔やわ。」

「ほんまやね。ずっとニコニコしてやっててかわいいねぇ。」

などと会話されてるのを、耳ダンボで聞き入ってしまった(≧▽≦)

ええ、ええ、あのすんげー笑顔の男子はうちの子ですよー!!

家で見るのとはまた違う、「友達の中の彼」は少しまぶしかったです。



*****

そんなこんなで、今日はやっとで久しぶりのお休み。

今日は絶対家から出ないと心に決めた、誰もいない家のなか。

のーんびりゆーったり!! 思うさまダラダラと過ごしました。

ああ、子供が元気で学校に行くって、ほんと幸せ!







後は兄怪獣のオタフク待ち。 でも兄怪獣は期待を裏切る子。油断しちゃダメよ~ダメダメ。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。