上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日はあいにくの天気で野球の練習は中止になったのですが
昨日の日曜日は小雨が降る中 試合がありました。

ただ、その試合は3年生以下で構成されるチームのものです。
が、特別な計らいにより4年生の選手が二人参加を許されました。
その二人は試合経験、実力ともに不足してるから・・・というのが理由です。
もちろん、その二人のうちの一人は兄怪獣なわけで・・・。
親としてはちょっと複雑な気持ちはぬぐえません。
でも、ここは気持ちを切り替え、兄怪獣に喝!を入れます。

「この試合は本来3年生が中心になってする試合だから。 
4年生のあなたが恥ずかしいプレーするんじゃないよ!」

「みんなこのチームで試合するのは初めてで、緊張すると思うから、
あなたがしっかり声を出してみんなをリラックスさせてあげないとあかんのよ!」

などなど。お母さんが心配しすぎなのはお許しください。
同じ4年生でも上手な子は
上の子のチームの試合に連れて行ってもらって
(出れないまでも)経験を積ませてもらってますし、
練習だって上級生に交じってするのですが、
兄怪獣はいまだに下級生と一緒に甘い練習してるわけで。
しかも。
キャッチャーをやりたい兄怪獣には同級生のライバルがいて、
4年生中心の試合ではいつもライバルの子に
キャッチャーの座を奪われていました (母非常に悔しい!)
だから昨日の試合はある意味チャンスでもあって。
3年生以下の子にキャッチャーをできる子がいないため、
兄怪獣が久々にキャッチャーをするんです。
ここで兄怪獣が素敵プレーを見せてくれたら、
4年生の試合でももう一度マスクをかぶるチャンスだってあるかも!

とか親的にはいろいろ考えちゃうわけですよ。
兄怪獣がどこまで思ってくれてるかわからないのが歯がゆいですが。

で、いざ試合が始まってみると、
兄怪獣なかなかの好プレーで、キャッチャーとしてもバッターとしても
しっかりいい仕事をしてました(親ばかですいません)
まだまだ課題はありますが、
やっぱり「下級生を引っ張なきゃ」という兄貴的な気持ちと、
「相手は下級生だし」というちょっとリラックスした気持ちが
兄怪獣を張り切らせたのかな…とお母さんは分析しています。
勝利という結果もおさめることができたので、
子供たちも一つ自信がついたんじゃないかと思います。

ただね、お母さん息子の活躍に免疫ないから。
全然慣れてないから
最後のスリーベースヒットではお恥ずかしいくらい舞い上がってしまいました。
すいません。




   

2011060610030001.jpg  
ボール遊びならララちゃんも得意でちゅよ。

2011060610030000.jpg 
そしてそのまま寝ちゃうほどに・・・・。




なんだか熱血野球ブログみたい。全然そんなんじゃないのに。

男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nikohouse.blog67.fc2.com/tb.php/2-1d026dfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。