上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、弟怪獣は伊丹の昆虫館へ校外学習に出かけたのですが、

「天気がよかったら喉が渇くからお茶をたっぷり持ってくるように」

とでも先生から言われたのか、普段学校に持って行く水筒(800ml)ではなく、

野球部(夏用)仕様の水筒にお茶を準備してくれと言い出した。

でっかいぞ 
左が弟怪獣、右が兄怪獣の水筒。

それぞれほぼ2リットル入るので、夏場はお茶を沸かすだけでも大変。

それはおいといて。

ご覧のとおり、弟怪獣の水筒は手に下げて持つタイプ。

遠足には不向きじゃないのか?とか思っても

別に止めたりしないお母さんですが、

今回は兄怪獣が珍しく気を回してくれた。

「なぁ、お前の水筒、遠足やったら持って歩くの大変なんちゃうん?」

へぇ、いいところに気が付くじゃない。

と思ったのもつかの間、お母さんもびっくりの兄怪獣の次のセリフがこちら。

「『お兄ちゃんの水筒貸して』って言ってもいいで」

なんじゃ、そのめっちゃ上からなセリフは!?

「ねぇ、それ普通に『お兄ちゃんの水筒貸したるで』でいいんちゃうん!?」

と突っ込むと

「あ・・・・そうか・・・」

兄怪獣、意地悪でもなんでもなく大真面目に親切のつもりで言ってたんです。

もうお母さん笑いすぎておなか痛いわ!

そして弟怪獣はというと、心得たものでニヤリと笑って

「お兄ちゃん、水筒貸して?」

と言われたとおりに復唱。

兄怪獣、真っ赤な顔で 「おう、いいで」 とつぶやいたのでした。












最近ケンカしてるようでふざけあってるなんとなく仲良しな二人。 ま、喧嘩したらしたでメチャ激しいんですけどね。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。