上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1で、かなりヘビーなところから責めてしまった

「ニコのかわいいところ」シリーズ。(その1はこちら→☆) 

今回はごはんの話。



さて、基本的にニコのごはんからトイレまで、ほぼお母さんがお世話しているのですが、

お母さんの手が離せないとか、ブラザーズの気が向いたときとかなどに、

ごくまれにブラザーズがお水を変えてくれたり、ごはんを入れてくれたりします。

そんなときのニコ。

これがかわいいなんてもんじゃない!!

お母さん泣かせな、でもどうしようもなく愛しくなることをしてくれるのです。


前ふりが長いですか? そうですか?

一体どんなふうかというですね。

お水 
お水のときだって

ごはん 
ごはんのときだって

お母さんがそばに行って「いいよ」って言いながら見ててあげないと

口を付けないんですぅぅぅ!!

しかも、お水に氷を入れてくれたのがブラザーズだったりすると、

お母さんがその氷をチョンとつつくまで絶対飲まないんですぅぅぅぅ!!

はぁはぁはぁ(゜ロ゜)=3=3  いけない。興奮してしまった。 落ち着け私。




一応クールにまとめると。

お母さん以外の人がお世話を手伝ってくれても

結局お母さんの手が煩わされるという話。
↑なんだか身もふたもない言いかた。


いや、めちゃめちゃかわいくて、「んもう、ニコったらぁぁぁ」という

バカ親丸出しのラブラブ状態にはなっちゃうんですが、

実際問題、私が留守してるとごはんはほぼ減ってないし、ウンチはしない、

「お母さんがいないと生きていけない仕様」

にニコがなってしまってる事実に今ちょっと気づいたよ!?

いや、最初は「なんてラブラブな私たち」って記事の予定だったんですが、

書いてて不安になってきた・・・。



にこ 
僕は僕のやりたいようにするだけ~♪

まぁ、ニコからしてみたら、ただ単に普段ごはんくれない人がくれるから

警戒してるっていうだけなのかもしれないですけどね。

ラブラブの妄想にひたったっていいじゃないかぁぁぁ(T◇T)







これからはもう少しブラザーズにもお世話してもらうことにしなければ。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです






スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。