上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、夏休みから通ってる先生のところに兄怪獣のカウンセリングに行く予定でしたが、

学校からお呼び出しの電話がかかってきたので、予定変更。


ええええっとぉ、つまり学校で兄怪獣がケンカしたんですね。

2学期に入ってから、少しいろいろあったので、情緒的にはかなり不安定になってる兄怪獣。

お友達の言葉の端々、

ちょっとしたふざけあいの力加減(自分は優しく押したのに相手には強く押されたなど)、

いろんなことにカッとなり、怒りを爆発させてしまう兄怪獣。

本人も相当しんどいことだと思うのですが、

一度怒り出すと手が付けられなくなる兄怪獣に、先生方も手を焼いてる事と思います。

西宮は福祉方面は遅れていると聞きました。

発達障害の子供のことも、正直先生たちは勉強不足なんだろうと思います。

今回も「ケンカ」ということだけ見ると、

相手もあることだしお互い様 という見かたもあるのですが、
(話を聞く限りでは兄怪獣だけが悪いということではなかったので)

でも呼び出されたということは兄怪獣の怒り方が

やはり常軌を逸していたということなのでしょう。

先生たちには兄怪獣のことはお話はさせてもらっていますが、

扱い方となると、やはり不慣れ。 

どうしても荒れる兄怪獣を力で押さえてしまい、コンコンとお説教をしてしまいます。

しかたないのです。あばれているのだから。 押さえないと、誰かが怪我してしまう。

そして「どうしてこんなことをした」と問いただしたくなるのも当然のことだと思います。

ただ、気が立っているときの兄怪獣は押さえられると逆上するし、

お説教されるとますます荒れていきます。

書いていて悲しくなるんですが、事実です。

カッとなる衝動的な怒りと、今後どうやって付き合っていくかが兄怪獣の課題であり、

カッとなってる兄怪獣をどうやって落ち着くようにもっていくかが私の課題。

家でもいろいろな方法でおさめる方法を考えてはいるのですが、

感情というものはなかなかうまくコントロールできるものではありません。

ましてや思春期に入ろうとしている彼。

扱いにくさは天下一品なのです。

でも、学校側も少しずつ歩み寄ってくれているのだと思っています。

今日のことも、どうしたら先生たちがうまく彼と付き合えるかという糸口を探るために

「怒ってるんじゃないよ。君のことをいっぱい考えてるよ」という話を中心に、

「でも悪いことしてしまった相手には謝ろう」ということを話してくださいました。

あした、兄怪獣がうまくできるのか心配ですが、報告をまとうと思います。

学校でのことは先生たちに託すしかないので、

この扱いにくい子の相手をしていただくことをほんとうに申し訳なく思いつつ、

学校からの電話にビクビクするのであります(^^;)

なんとか、穏やかに学校生活おくってくれないかなぁ・・・。




今日はもともと「カウンセリングの帰りにラーメンでも食べようか」と言ってたのですが、

本来カウンセリングに行かなかった時点でラーメンもなくなったはず・・・。

しかし、一度学校から帰ってきてからもう一度学校に行ったため、兄怪獣ストレス満載。

行くはずだったラーメンが頭から離れないので、仕方なく行ってきました。

ちょっと前から兄怪獣が行きたがっていた「まこと屋」。自転車で10分。

おいしくて大満足で帰ってきたのでした。

この満足の笑顔で明日は元気に学校に行ってくださいませ。










母心労半端ないぜぇ。でも負けないぜぇ。だって母だからだぜぇ。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです






スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。