上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.12 口下手

子供からリクエストされる晩御飯で、

「ハンバーグ」って結構めんどくさいなぁと思うのは私だけでしょうか。

作ってみるとそれほど面倒でもないんだけど、

なんとなく作り始めるまでが

いろんな工程を考えるとめんどくさーーーって思ってしまう。

なので、たまにレトルトでごまかしてたら、とうとう弟怪獣に

「あー、そういうのはちょっと。 お母さんが作るの方がおいしいから」

と言われてしまった。

いや、嬉しいんですけども。

「お母さんが作ったほうがおいしい」

なんて最高の褒め言葉ですけども。

めんどくさい。


めんどくさいがしかし、約束しちゃったので今日はハンバーグ作ったぜこの野郎。


すると弟怪獣、目がキラキラ

「やったぁぁぁ!!」

はいはい、たんとお食べ。

しかし弟怪獣、箸をつける気配がない。

「だって、おいしいものは最後に食べる主義だから」

・・・いや、まず一口は食べてみようよ。

最後に食べたいって思うほどおいしいかどうかわからないじゃない(--) 

そうしてようやく一口。

「うわーーー、おいしい!!」

弟怪獣は、おおげさ病とお芝居病にかかっておりますので、やや口調がセリフ的。




それでは、セリフ的な口調で繰り出される、

「それはきっと褒め言葉なんだよね?」
な言葉の数々をお楽しみください。



その1
「これ、食べるのもったいないって思っちゃうよね」

高級おフランス料理とかならともかく、お母さんのごはんはとっとと食べてください。

片付かないから。


その2
「これだけおいしいとデザートにもなるよね!」

もはや意味不明・・・。 だってそれハンバーグだから。

デザート無理だから。

テイストもビジュアルもハンバーグ以外の何物でもないから。


その3
まぁ、そんなこんなで大騒ぎしながら食べ終わって一言。

「やっぱりお母さんの作るハンバーグは

給食よりずっとおいしいわ!」

給食なんだ・・・。味の基準、給食だったんだ・・・。

うん、まぁそうか。そうだな。一番よくたべてるもんな。

でも・・・そうかぁ。給食かぁ・・・(←意外に結構なダメージ)


お母さんのごはんの対決相手は

たいてい給食とかカップ麺とかという恐るべき事実(カップ麺との対決はこちら








弟怪獣の「お母さんを褒めてあげなきゃ」という思いがから回る。
口下手なのか?褒め言葉のテクが残念過ぎて、このままじゃモテないくん決定ではないかと思われ・・・・。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。