上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.07 見知らぬ知人
話は少し前にさかのぼります。

自転車で帰宅途中でのこと。

前方から、やはり自転車で近づいてくる方が私を見てにっこり笑い、

「こんにちは(^^)」と会釈してくれた。

まーーーーーーったく見覚えのない方だった。

だがしかし。

兄怪獣も5年生、弟怪獣3年生ともなれば、小学生母としてはベテランの域である。

いつ、どこで、どちらの子供でかかわったことがある方やもしれない。

ここはひとつ、相手に合わせてにっこり笑っておこう、そうしよう。

わたくし0.3秒のハヤワザでここまで思考。

「・・・あ、どうも・・・こんにちは・・・(^^;)」

若干声は小さ目で遠慮気味な笑顔で会釈を返す。

そして、すれ違いざま、相手のお方がまさかの小首をかしげる仕草を!!

私も思う。
だよねーーー!?
って・・・。

だって知らないもんねー。

幸いお互い自転車だったので、どちらもそれ以上深手を負うことなく

そのまま遠ざかって行ったわけですが。



かように、私に限らず、たぶん多くの人は見知らぬ人とこういう場面に出くわした場合、

無難にやりすごそうとする傾向にあると思います。

だって、日本人だもの。

「は?」って顔するより、にっこり笑ってもらったらにっこり笑い返さなきゃ。

って思いますよね? ね?



で、今日の本題 (はい、ここまで前ふりです。)。

今日は小学校PTAの最後の役員会の日で(ワタクシ学年委員なんぞやってましたので)

学校近くの公民館に集合でした。

最後のため、全役員が顔をそろえるということで、

公民館の前はかなり自転車がひしめき合っておりまして、

少々出遅れた私は止める場所を求めてうろうろしておりましたら、

「あら、こんにちは!!」 
と親しげに挨拶してくるおばさん一人。

はい。例によってまーーーーーったく見覚えナッシング。

しかし、やはりここは私もベテランなので、

「あー、どうも、こんにちは(^^)」

と返します。ええ、どこでお会いしてるやもしれませんもの。 無視は絶対禁止。

「すごい自転車だけど、何かあるの?」

「小学校のPTAの役員会があるんですよー。ちょっと今日は大勢なので・・・」

世間話もごく自然にかわしてるよ。すごいよ私。

「あらそうなのー。大変ねー。あ、あなた、ここに止めたらいいわよ!!」

と自分は帰るところだったらしいそのおばさんは、

自分の自転車を止めてた場所を素早く開けてくれまして、

「わぁ、すみません!!ありがとうございます

とちゃっかりそのあとに無事に自転車を止めるわたくし。

「じゃあね!!」

とさわやかに去っていく見知らぬおばさんを

「はい、失礼します!」 と深々と頭を下げて見送ったのでした。


で、あなたはだぁれ??
という疑問だけを頭に渦巻かせながら・・・。










もしかほんとに知ってるヒトだったらホントに失礼すぎる話。でも誰だったかとかもう考えない。だって思い出せる気がしないもの。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。