上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、弟怪獣は2回もお母さんにがっつり怒られてしまいました。



1回目は、『黙って帰っちゃった事件』

公園に散歩行った帰りに買い物に寄ったのですが、

その時は「僕も一緒に行く~」とついて来てたのに、

ふと気づいたらいなくなってたこと。

どうやら途中で気が変わって勝手におうちに帰ってしまらしいのですが、

こちらはそんなこと知る由もなし。

どちらかというと方向音痴な弟怪獣。

はぐれたんじゃないだろうか?

違う道に一人で入ってしまって迷ってるんじゃないだろうか?

兄怪獣と二人であっちこっち探し回った挙句、

買い物してる間も「追いかけて走ってくるかも」とキョロキョロしながら落ち着かず、

「帰ってるのかもしれないね」

と家に帰ってみると、笑顔で「お帰り~」と出迎えてくれた。

さらに何食わぬ顔でおじいちゃんからもらったアイスを食べていた弟怪獣。

うおい!!

「おかえりー」 じゃ ねぇわ。

なんで黙って帰るの?

どんだけ心配したと思ってんの??

とひとしきりお説教。

「はーーーーい」と一応しおらしく聞いてはいるものの、

実は奴はまったくわかってないお子様。

こういうこと、今回が初めてじゃないから。



そして、2回目、『兄怪獣の呼びかけを無視した事件』

お布団を敷くことはブラザーズのお仕事として定着している我が家ですので

兄怪獣が 「おい弟怪獣、布団敷きに行くぞ」って声をかけました。

その時弟怪獣は爪を切っておりました。

そりゃーね。見たらわかりますよ。爪を切ってるって。

そんなときに「行くぞ」って言われたって行けませんよ。ええ。

だから兄怪獣にも非がなかったとは言えなくないのかも知れなくないのかもしれない(あれ?)

ただね。その時の弟怪獣がね。

「今無理やん?」ってオーラを全身からかも出し、眉をしかめ、そして無視をしたんです。

これには兄怪獣より先にお母さんがキレてしまいまして。

実は「呼びかけを無視する」というのも、弟怪獣がしょっちゅうやらかすことの一つ。

なんで一言「今 爪切ってるからちょっと待ってね」と言えないのか。

その一言はそんなにめんどくさい一言だったのか。
 
ちなみに普段の彼は無駄なおしゃべりを延々としてるか、歌を歌ってるかで、

まったく黙っていないお子様だったりするのですよ。

なのに、肝心なことに限ってだんまりを決め込む。

そして極めつけは「ごめんなさい」を言わないこと。

「はーい」と言いながら話は聞くけれど、決して謝らない弟怪獣。

この子の頑固はいったい誰に似たんだろう・・・(T-T)



弟怪獣はもともと「不言実行」なところがあって、

先日のお手伝いのこともそうですが、黙って決めて黙ってやる。

それ自体は悪いことじゃないと思います。

ただ、相手がいるときはちゃんと伝えることはとっても大事なことで。 

これから先成長していく中で、どんどん人間関係はややこしくなっていくはずで、

そんなときに無視をしたり黙って行動したりということは、

誤解を招いたり、自分が損をしたりってことにつながるんじゃないかと。

だれしもエスパーじゃないんだから自分の思いは言葉にしないと伝わらないですよね?

大事なことだと思うんですけどね・・・。



結局昨日はしこたま怒られて結構へこんだらしい弟怪獣、

「おやすみなさい」も言わずに寝たなーと思ってたら、台所にこっそりこんなメモが。

gomen
ちょっと涙でぬれたスケッチブック。

これを今度はちゃんと君の声で聞きたいと思うお母さんでした。










小学4年生はギャングエイジ。いつまでも幼い6年生の兄怪獣と、ちょっと成長してきたなと思う弟怪獣。うん、お母さんも、もちょっとがんばって、心して二人の相手をしなさいってことだな。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです







スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。