上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二日前、amazonから荷物が届いた。

水筒 
結構でっかい。

でも軽い。

中身はというと、

水筒
あ、ぶれまくってわ。すいません。

要するに
 水筒
これ。水筒の蓋の部分です。

amazonさんに注文して翌日の昼には届きました。 早い。

仕事が早くて送料無料で、すごくいい仕事をなさるんだが、

この過剰な包装はいかがなものか・・・。

いや。文句ないですけども。はい。



なんで水筒の蓋だけ注文することになったかというと、話はその二日前にさかのぼる。

兄怪獣が「ただいまー」と帰ってきたんだけども、なんだか声に元気がないので、

玄関まで様子を見に行くと、 

「お母さん、水筒壊れました。 ごめんなさい!」

と早口でまくし立ててそのまま泣き崩れてしまった。

よくよく話を聞いてみると、いつも仲良くしてるD君という男の子(茶道部に一緒に入った例の子)が

兄怪獣の鞄をふざけて持って逃げてしまい、

あわてて追いかけたものの返してくれなっくて、勢い余って昇降口で転んでしまった・・・と。

その日は午前中は雨だったので、学校の昇降口も少し滑りやすかったのかもしれない。

そのはずみに、コンクリに水筒をぶつけてしまったらしく蓋がしまらなくなってしまったとのこと。

そういう事情なら仕方ない。

「そっか。いやだったね。水筒は仕方ないよ。新しいの買いに行こうね」

と言ったものの。

「Dに『やめて』って言ってもやめてくれなかった」

「転んだのは『お前が勝手に転んだんやろ』って言われた」

「文句言ったらとび蹴りを3回くらいされた」 と。

あらまぁ・・・。 そらまたずいぶんな仕打ちを受けてるじゃないか。

挙句 「明日は学校行かない! 休むから!!」

これはいじめか? いじめなのか??

だがしかし。

兄怪獣というのは被害妄想の塊のようなお子様なので、彼の話だけ聞いて判断するのは超危険。

でも、暴力はやっぱりいけないし、なにより

「学校休みたい!」と言い出すのは初めてのこと。

ただ、「でも僕も不登校にはなりたくないから、明日だけ休んだら、明後日はちゃんと行くから」

って言うので、うーん、微妙だなぁ・・・。

新しい学校で友達関係に若干もがいてることはわかっていたので、

とりあえず先生に報告だけしとこうかと、電話しました。


夕方先生がうちに来てくれて、いろいろ話をしましたが。

どうもD君というのはちょっとしたことで手が出ちゃうタイプで、

これまでも何度かトラブルがあったようです。

あれ? 誰かさんみたいだな。

その後、先生と兄怪獣の話の中でわかったこともチラホラ。

「Dは何回『やめて』って言ってもやめてくれない。
『ふざけてただけやのに転んだお前が悪い』って」

「僕は転んですごく痛かったから『ふざけるにもほどがある!』って言ったら
『は? お前が勝手に転んだだけやろ!』って言われたから、頭に来て
『死ね』って言ったらとび蹴りを3~4回された」

(あ、やっぱり兄怪獣もいらんこと言っとったか(汗)。)

でもあくまでもD君は「遊んでただけ」ってことなのよね。

遊んでただけのつもりが兄怪獣が怒っちゃったので腹が立ったということらしい。


「いつもちょっかい出してきて叩いてきたりするから、
1発叩き返したら5発くらい蹴られる」


あれ?・・・・ちょっと待ってください。

わたし、同じような子供をよーく知ってるんですけども?

えっとぉ、だれだっけ?

そうそう、弟怪獣といるときの兄怪獣だよ!?

つまり、D君は兄怪獣ととても良く似たタイプのお子様だということですね。


D君にやられて、泣きながら帰ってきた兄怪獣。 結構なダメージを食らった模様。

その晩、兄怪獣とゆっくり話をした。

「『やめて』って言ってやめてくれなかったのはすごくいやだったよね?

最初に叩かれたからって、1発叩き返して5発も返ってきたらびっくりして頭くるよね?

口で言い返して暴力振るわれたのはつらかったよね?

自分は楽しく遊んでるつもりだったのにいきなり相手が怒ったら腹立つよね?

でもこれ、いつも弟怪獣とケンカしてる時に君がしてることやで?わかる?」

そう言ったら兄怪獣 「あ・・・」って。

「あ・・・」って言いましたよ。 気づいてくれた(≧▽≦)!

今までクチをすっぱくして言っても兄怪獣に伝わらなかったお小言。

「『やめて』って言われたら、たとえ遊びでも、相手が笑っててもそこで一度やめなさい!」

と何度言ってきたか。

「最初に叩いたら叩き返されるのは当たり前!」

と何度言ってきたか。

「自分は楽しいつもりでも相手は嫌な時があるんだよ!」

と何度言ってきたか。

「たとえ言い方が気にくわなくても暴力で返すのはいけないこと!」

と何度言ってきたか。

今回、これをすべて兄怪獣は「自分がされる側」として経験しました。

兄怪獣、「人の気持ちに共感する」という力が少し弱いので、

「自分が楽しければ相手も楽しんでるはず」という意識のもと、人にちょっかいをだし、ふざけます。

例外は多々あるとはいえ、基本的に悪気はないです。 

なので、今回のこの経験は兄怪獣にとってはすごく大きな勉強になったと思います。


「あ、相手はいやなんだな。じゃあやっちゃいけないな」
って気づくこと。

これって、結構高レベルな意識の流れなんですよね。

たいては「こんないやなことされた! やりかえしてやる」となるんだと思います。

よく、小さい子に言い聞かせるのに

「自分がされたらいやでしょ? だったら人にもしちゃだめだよね?」

なんて言いますが、(我が家も昔はそんなこと言ってましたが)、そんなきれいごと(←暴言) 

よほど物わかりのいい子じゃなきゃわかないんじゃないかなーと私は思ってます。

なので、最近の我が家では

「自分がそんなんされたら絶対怒ってやり返すでしょ? 
だったらやり返されても文句言ったらあかんやんな?」

と言ってます。

完璧逆説ですが、割とすんなり入るようです。

要は、その子がわかるように話さなきゃいけないってことですよね。

兄怪獣の場合、共感力を高めるには経験しかすべがありません。

届かない百回のお小言よりも一回の経験!

なので、ちょっと(いや彼にとってはだいぶ)つらかったけど、

今回の経験はほんとにいい勉強になりました。




そういえば、先生と話してるときに

「このままだと負けたままだよ? 学校行ったほうがいいよ?」

と言った私に、先生が

「いや、勝ち負けの問題じゃないですから。しかも今回は一方的みたいだから喧嘩でもないし」

とおっしゃったので、

「もちろん、D君に勝ちなさいってことじゃなくて、自分の気持ちにってことですけど」

と言ったものの。 私の言葉も足りなかったですが先生、ちょっと頼りない気がする・・・。

いや、とても頑張ってくれてるんですけどね。

私が兄怪獣のことで「うちの子少しややこしいから・・・」って言うと必ず

「そんなことないです。むしろみんなややこしいですよ」っておっしゃるんだけど、

申し訳ないけど、ちょっと違うんです。

先生の言うこともわかります。みんなそれぞれ個性があって、ややこしいんだと思います。

ただ、「みんな同じですよ」って言われちゃうと、

兄怪獣のことを置き去りにされてしまいそうな不安というか・・・。うまく言えないけど。

今のところ、学校では目立って荒れたり暴力をふるったりはしてないらしい兄怪獣。

もしかしたら「言うほどの子じゃないじゃない?」なんて思われてるのかもしれない。

でも、兄怪獣は新しい学校では彼なりに我慢してることも多く、

今回のことも、自分からは暴力を一切ふるわなかったらしい。

これはすごく大きいです。 暴力を我慢できるようになったことはひとつの成長だと思います。

まぁ、口はかなり乱暴ですけども・・・。

決して特別扱いは望まないけども、確実にほかのお友達より幼い兄怪獣を

どうか見つけてやってほしいなぁと思うのはやっぱり親のエゴなんでしょうか・・・。




結局、翌日は学校に行けなかった兄怪獣。でもケロッとした顔もしていて、

「Dは暴力振るうし、そんなに仲良くないし、好きじゃない」って言いながら、

「でもDといるとおもしろい」って言う。 

結局仲良し。 類友なんだねー。 

それでいいよ。 仲良かったり喧嘩したり、一つ一つが君の成長なんだから!

ただ、D君。実はボクシングを習ってるそうで、殴られると半端ない腫れ方をするらしい(先生談)

もう殴られるような余計なこと言うなよー(汗)!って思う母心。


目下の兄怪獣の課題は「カッとして余計なこと言う前に深呼吸 !」なんですけどね。

ま、なかなか難しいですね。 


****
で、そういえば壊れた水筒。

メーカーもちゃんとしたとこのだし、パーツだけ売ってんじゃね?

とネットで探したところ運よく発見できた水筒の蓋。630円也(^^)

水筒 
水筒本体を買ってたら2900円くらいするんですよ。 

危ないとこだった。






その後の話で、帰ってきたときの涙の半分は「新しい水筒を壊してお母さんに叱られる!どうしよう!!」だったということが判明。 怒られるということに対する異常な恐怖心。怒るときも時と場合によるでしょが・・・。なんて信用のない母。 というか、普段怒り過ぎ。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。