上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.05 お膝が恋しい

炬燵の主であるニコには、もう私の膝は必要ないんだろうと思っていたら、

どうやらそうではなかったことが最近発覚。

もともとひざ掛けをしないとお膝に来ない子だし、

(そもそも「お膝」ではなくて、「ひざ掛けを置いた足の間」がニコの定位置)

炬燵があれば私もあえてひざ掛けなんてしないから、長いこと気づかなかった。

ある日、ふと「そういえば長らく膝に乗ってもらってないなぁ」と思って、

炬燵の中でひざ掛けを乗せて、布団をそっとめくって、

「ニコ~? 来る?」

と聞いてみた。

そしたら、いそいそと炬燵に潜ってお膝に(もとい足の間に)乗ってくるではありませんか!?

そっかー。 ニコもずっと私の足が恋しかったんだなぁ。

こいつぅ、それならそうと言いなさいよー(≧▽≦)

それ以来、「ニコ~、くる?」とひざ掛けをヒラリンと見せたら飛んでくるようになった。

さらには私が入ってる炬燵の中をのぞいて、

「お母さんひざかけは?」
って訴えてくるようになった。

かわいすぎるやろーーーー!! ←バカ

普通に足の間にいてくれればそっと足を抜くこともできるのだが、
niko
こんな風に足首に乗っかられた日にゃもう足さえ抜けない・・・。




そうして、ただでさえ入ると出れない炬燵から、

さらに動けなくなるがんじがらめの罠に自ら落ちていくお母さんなのでした。




*****
 
「ネコは処分した方がいいですね」

という言葉は私の中にずっしりとクサビのようにうちこまれてしまって、

ちょっと引きずっています。

「おそらく猫に引っ張られて犬も少し数値が上がってきてますし、

このままだともっとたくさんのアレルギーが出る可能性がありますよ」

と先生に言われると、「ああ、そんなものなのか・・・」と一応は納得します。

だけど、それを受け入れらると言うのはまた別で。

あんなことを言われて以来、私の中でニコのかわいさがうなぎのぼりだYo~(笑)

今までだってめちゃくちゃかわいかったのが、

もうかわいくてかわいくてその気持ちが止まらなくなってってどうなのよ。

先生、逆効果です、どうしましょうか(爆)





niko 
あんまりかわいいからお尻を撮っちゃうぞ(-∇-)







油断したらセクハラされるんです・・・。

男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   


昔、殿がヘラヘラ笑いながらしてきたバカな質問を思い出した。

「ニコと子供が崖にぶら下がってたらどっちを助ける?」

は? なにその質問?? 意味がわかんないんですけど??

当時は腹が立って仕方なかったこの質問、

よく考えたら今まさにそんな状況に置かれてるじゃない・・・!?


でも、それに対する私の答えも思い出した。

「・・・どっちも助けるし」


「いやいや、どっちかしか助けられへんねん」

「心配すんな! 両方助けるから!!」


つまり私の気持ちはまったく以前と変わってないわけか(笑)

よし、がんばって両方助けるかー!!






そんな質問する殿も殿だが、そのあとに「あ、あなたとニコがぶら下がってたら間違いなくニコを助けるから。」と言った私も私。 
そして現在至るわけだな(--)。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   




スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。