上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1

とある休日のお昼ご飯。

ブラザーズの大好きなカップ焼きそばを食べようということになりました。

(断じて手抜きではない。なぜなら彼らのリクエストだから)

弟怪獣は若干不器用なので、ソースがうまく混ぜられません。

そんなときはお母さんが混ぜてあげるけど、手間賃として一口いただくのが我が家のルール。

母 「一口もらうねー」

弟 「うん、いいよ」

母 「わーい(^^)  ・・・・(パク)」

もぐもぐと口いっぱいにほおばるお母さんに弟怪獣が一言。

弟 「・・・お母さん、『いただきます』は??」

まさかの弟怪獣からの教育的指導。

母 「う・・・・・・・・・・・ゴク」←とりあえず飲み込む

・・・やっぱりここは一つお詫びの場面ですよね。







どうもすみませんでした!!



ええもう、ほんとによくしつけられてるお子さんですこと。

親御さんはさぞかししっかりされた方ですのねぇぇぇ。

あ、なんですか?

反面教師?? そうですか・・・・。 

とりあえず母ちょっと反省してきます。





その2

とある雪の降る朝の登校時。

かばんだけ持って家を出ようとする兄怪獣に

「ほら、雪が降ってるから傘さしていきなさいよ!」

と言う母に、兄怪獣は「やれやれ」と言わんばかりに呆れたような顔で

「お母さん、子供は雪では傘ささへんねんで」

・・・・・・ はい?

それって、なんていうか全国共通の常識なん?

そうなんや。知らんかったわ。

お母さんたらほんまに無知で・・・







どうもすみませんでした!!

もういいよ。何も言うまい。好きにしてくれ。

「こんな日に傘も持たせてない」なんつって、

お母さんが社会的に抹殺されなきゃいいけどね。








そんな兄怪獣もあと一回登校したら卒業式。2月あたりから毎日カウントダウンするので必要以上に気持ちのどこかが焦ってしまう。このまま中学生になってはたして大丈夫でしょうか・・・。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   






スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。