上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前の話。


 
兄怪獣、帰宅とともに玄関に私を呼びつけるのは小学校の頃から相変わらず。

「ただいまー!! お母さーん、ちょっと来てぇぇ!!」


たいていこんな感じに玄関に呼びつけられる。

なんでこんなしょっちゅう玄関に呼びつけられるんでしょうか。

その理由はまぁいろいろあれど、とりあえず

「それは今スグでないといけないものなのかね?」

と首をかしげたくなるものが8割くらいを占めるわけで・・・。

だからこの日も

「なんなん?? 用事あるんやったらあんたがおいで!」

と叫び返すも、

「いいから! 見せたいものがあるからちょっと来てぇやぁ!!」


と懇願されたので、よっこらせと重い腰を上げて玄関に出向いたところ。

何やらニコニコと嬉しそうな兄怪獣。

「あのね。 学校からの帰り道でね。 ほら木が植えてあるところあるでしょ?」

「街路樹?」

「うん、そうそう。その根元にね、雑草というか、お花が咲いてるやんか?」

ああ、なんとなく読めてきた。 その後ろに隠した手にはきっと・・・。
 
と思ったら、予想通り次のセリフ。

「そこにね、これが咲いてたから、お母さんにと思って持って帰ってきた!」

そういって、彼が満面の笑顔で私に差し出してくれた花はなんと、










チューリップだった・・・・・(爆)

チューリップ。

それは絶対に誰かの手によって植えられたであろうと思われる花。

兄怪獣、お母さんが喜んでくれるだろうと今にも咲きそうな蕾を付けたそれを、

手折って持って帰ってきたのだった・・・。

ああ、君はただただ、お母さんを喜ばせたかっただけなんだよね。

兄怪獣の気持ちにはお礼を言って、

とりあえずチューリップは誰かが植えたのだろうから、

二度と持って帰ってはいけないと厳重注意。

そして、手折ってしまったものはもうもとには戻せないので、

水切りをして花瓶に生けると、

チューリップ 
とても立派な花が咲きましたとさ(T∇T)。



咲くのを楽しみにしておられた方、本当に申し訳ありませんでした<m(_ _)m>







世間ではGW突入してるんですね。会社員がいない我が家ではGW感がなんだかとっても希薄です。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです   


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。