上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みに入って1週間。

なにを思ったのか、弟怪獣は初日からぶっとばして宿題を片付け中。

毎年毎年、ちまちまと「計画的」に終盤まで持ち越す宿題。

それを今年は頑張って今月中には終わらせようという魂胆らしい。

まぁやればできるってことがわかっただけでもしめたものですね。




で、兄怪獣は毎日お弁当持ちでクラブ活動、

私が2時まで仕事ってことで(毎日ではないですが)、

今年の夏休みは、弟怪獣が一人でおうちで留守番する時間が増えました。

そうなると困るのがお昼ご飯。

去年は夏休みのお昼ご飯は二人ともおじいちゃんに託して面倒をかけました。

そして今年も、弟怪獣一人の時はお願いしようかと思っておりました。

が、ここで一つの事案が発生。

弟怪獣、お兄ちゃんのお弁当がうらやましくて仕方ないという。

別に特別なモノなんぞ何も入ってない、私が作るいつもの「おっさん弁当」なんですけどね。

お弁当箱に入ったとたん、それはとっても素敵に見えるらしい(←おそらくソーセー人あたりが)

なので、弟怪獣の分も一緒に作ることに。

そうすると、今度はそれをどこで食べる?ってことになるわけです。

普通に考えたら、おじいちゃんとこにお弁当持って行って食べればいいだけの話なんですが、

弟怪獣「どうしようかなー。一人で食べようかなぁ」と言い出しました。

私も、「5年生だし、まぁ一人でそういうこともできるようになってもいいよね」と思う反面、

「小学生の間は一人で食べさせるのはかわいそうかな」なんて思ったり。

なので「好きなようにしたらいいよ。おじいちゃんには言ってあるから、

寂しかったらおじいちゃんちに行ったらいいからね」と言って仕事に行きました。

さてさて、仕事から戻って、

「お昼どうした? おじいちゃんちに行った?」と聞いたら

「ううん、家で食べた」

おお、とうとう「一人でごはん」デビューしましたか!

「そっかー。大丈夫やった?」

「んーとね、一人で食べてたらすごく静かでね、静かすぎて途中でむなしーくなっちゃった・・・」

あはは、むなしかったのかー。そうかー。それも勉強。



その後も、お弁当を作った日は家で一人て食べることにしてるようです。

どうも弟怪獣という子は

「おじいちゃんがお昼用意してくれるなら大喜びで行くんだけど、

お弁当を持っておじいちゃんところに行くのはなんだかちょっとはずかしいような申し訳ないような」

なんてめんどくさいことを考えてるらしい。

まぁ、要するに「さみしがってる自分」というのがはずかしいのかな?

そんなちょっとしたプライドとかが目覚めてくるお年頃なのですね。



そういえば、弟怪獣が歌う「アナと雪の女王」の替え歌にドッキリ。

♪ありの~ままの~自分にかえるのよ~♪

の所を

♪肉が~増えて~くびれがなくなるの~♪


と歌い上げておりました。

・・・おい。

「くびれ」ってなんのことかわかって歌ってんだろうな?



そんな風にいろんな場面でちょっとずつ成長が垣間見える弟怪獣。

いつの日か「むさいオトコ」になっていくのでしょうけど、

まだまだお風呂から上がったらすっぽんぽんで変なダンス踊ったりして笑かしてくれるので、

今しばらくはまだまだ子供のようです。はい。







弟怪獣、ここんとこ立て続けに乳歯が抜けている。「お母さん、しばらくきゅうりの丸かじりは無理~」だそうです。 ああ、大好物が食べれないほどに歯がないなんて・・・。不憫よのう・・・。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです  







スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。