上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日からお盆休みに入りました。

まぁ普段から毎日働きづめというわけではないのですが(我ながらもっと働けとは思うが)

それでも今回は久々の6連休。

何やらちまちまと予定が入ってて、ちょっとウキウキしてますです。




***

というわけで、お盆休みとはなんの関係もないですが、7月に完成したもの。

題して「糸巻きが大変だったストール編」



実はですね。

「かせ」で購入した糸がありまして。

これはいわゆるサザエさんなどでよく見かける

「一人が両腕にかけて、もう一人がクルクルと巻き取る」という方法で糸玉をつくるやつ。

もしくは「かせぐり器」という専用の機械でクルクルと巻く。

しかし、うちにはそんなものはないし、ブラザーズが手伝ってくれるとも思えないので

一人でなんとかならんかなぁと奮闘した結果






テヘ(≧ω≦)
糸巻き 
見事なまでぐちゃぐちゃにもつれかってしまった・・・orz

この状態で放置すること約半年。

でも捨ててしまうなんて、そんなもったいないこと私にはできない!!

というわけで、じみーじみちーにほどき始めたのが春もまだ浅い3月のこと。


糸巻き 
22㎝幅のサランラップ50m巻の細い芯に巻きつけながら、

もつれた糸をくぐらせ、ほどき、またくぐらせ、そして巻く・・・

そんな気の遠くなる作業を毎日コツコツ続けること約2週間。


糸巻き 
ようやくゴールが見えてきたものの、糸玉の端がほどけたり、外れたりでにっちもさっちも行かなくなり、



糸巻き 
反対側からもう一本のラップの芯に巻き付け始める。 残りわずかだ! 頑張れ私!!

その後、無事に最後まで巻き取れたものの、最初の糸玉があまりにもひどい状態で、

このまま編み始めると糸玉が崩壊する危険性が・・・



というわけで、

糸巻き 
新しい方の芯に巻きなおすことに決定。 

わかりますでしょうか。

奥の方の芯に菜箸を通し、それを足で挟んで手前の芯に巻き取るという

なんとも行儀が悪く、原始的な方法(^^;  一人でやるんですもの。 四肢を駆使しなければ。


新しく巻きなおす際、芯の上下からほどけることを防止するためストッパーを装着。

ヒントはミシン糸のボビンの形から(^^) 
ボビン   




はい、完成!!

糸巻き 
上下から絶対にほどけない糸玉!

もつれをほどき始めてから、1か月近くの月日を費やしての完成となりました。





糸巻き 
ちなみに上下のストッパーには「円になっててちょうどいい大きさ」ということで、

こちらのチーズの蓋が採用されました。 


ほんとは下駄箱の上に敷くレースのセンターを編もうと思って

糸巻き作業をせっせとしてたのですが、

少しラメの入ったコットンの柔らかいこの糸では

適してないし似合わないとわかり断念。



で、まぁこの糸はストールを編もう!と思い立ち、いい編み図を探してあーでもないこーでもない、

編んでみてはほどき・・・をくりかえして、ようやくストールが完成したのは7月だった・・・と。

ストール 

だいぶ前にも、違う糸で編んだことのある形なので、わりとすんなり編めました(^^)





ストール 

ふんわりと柔らかくて軽いので、巻心地は最高に気持ちいいです(^^)

ああもうほんと頑張ってよかった・・・。










今日は兄怪獣のアトピーの病院へ。 母の頑張りで現在皮膚の状態はかなり良好(^^)  薬塗るのがめんどくさいのはわかるが、本人がもう少し頑張ってほしいところなんだがなぁ・・・。 そして夕方はこれまた兄怪獣が中耳炎のため耳鼻科へ。そうです、お盆休みの初日は病院めぐりです(爆)
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです  
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。