上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
割と久しぶりに学校からのお呼び出しがありました。

もちろん兄怪獣。

その日は仕事が休みで、少し早目のお昼ご飯を食べてたときのことでした。


「3時間目にちょっとお友達とトラブルがありまして、兄怪獣君が顔を殴られました。

病院に連れて行こうと思いますが、お母さんはこれますか?」


すっぴんボサボサですけど行かせていただきますがな。

保険証を握りしめて病院に行くと、それはもう見事に片目が半分くらいにつぶれて

その周りを青いあざで縁取られた絵にかいたような「殴られたヒト」がいた。

ホントにもうなんていうか、「あーあ、やっちまったのねー」という感じ。

病院に付き添ってきてくれてた養護教諭の先生は

「あとで担任から連絡があると思います」しか言わず、

あまり多くを語りたくないのか(話しちゃいけなかったのか)、まったく要領を得ない。

でもなんとなく相手に心当たりはあったし、いきさつも想像はできたので、

「相手はもしかして、N君ですか? N君の言葉を聞きとがめた兄怪獣が

突っかかって行って反対にやられちゃったってところでしょうか?」

とカマをかけてみたところ、あわてたように

「え、え・・・担任から聞きましたか!?」

おや、ビンゴなんだ。

わたしエスパーかも。




N君と言うのは1学期から兄怪獣とちょくちょくやりあってたらしい子で、

言わば「いらんことしぃ」の部類に入る子。

誰かにしつこくちょっかい出したり、注意されたら逆切れしたり。

(おや、まるで家にいるときの兄怪獣のようだ。)

そして学校での兄怪獣は、この子が人にちょっかい出してるのをスルーすることができないらしい。

で、「やめろよ」とこちらもしつこく注意して、お互いのボルテージが上がってゴングが鳴るという、

こういうことを何度か繰り返していたという経緯がこれまでの土台にありまして。



その後、顏の打撲と足首のねんざ(突き飛ばされたときにひねったらしい)と診断され、

骨に異常はなさそうだったのでとりあえずホッとしました。

兄怪獣は予想外に落ち着いていて(ケンカとかだと割と黙り込んで不機嫌なことが多い)

「痛かったね。けんかしてもなんもええことないやろ?」と聞くと、

「・・・うん」 ←素直。

普段ケンカなどの場合は「言いたくない」と言って話したがらないのですが、

今回は怪我もひどいことだし、そんなわけにもいかないよね。

「いやかもしれへんけど、今回は何があったかあなたの口からきっちりきかせてもらうで」

「うん、わかってる」←結構素直。

この返事は予想外。ちょっと成長を感じました。

その後、午後の授業を受けるために兄怪獣は学校に帰っていきました。



そして、夕方、今度は「経緯の説明」を受けるために再び学校へ。

経緯は大方私の想像通りでした。 

この日は、注意する兄怪獣に、「はいはい わかりましたよ!!」と返事したN君。

それに対して兄怪獣がやめときゃいいのに「そういう言いかたがむかつく!」と言いかえしたところ、

激しく突き飛ばされ、派手にひっくり返り(このときに足をいためたらしい)、

そこで完全に頭にきた兄怪獣が向かっていったところ、ボッコボコにやられた・・・と。


中学生になると、体の大きさに比例して力も格段に強くなる。

だから、今後シャレにならない怪我をすることだってあるはず。

今回、兄怪獣は殴られて痛い思いをしたけれど、

自分の力量を見極めることができたんじゃないかなと思う。

兄怪獣は体は小さいし、腕っぷしも強くない。

だから無謀な真似はしなきゃいいのに、我慢がきかないから向かって行ってしまう。

結果として目にも鮮やかなアザを作ることになってしまったけれど、

もし、兄怪獣の体が大きくて力も強かったら

逆に相手を大けがさせてたかもしれないと思うと、ぞっとする。

まだ怪我をする側でよかった。(いやよくはないんだけど)

ただ、怪我をしても、怪我をさせても親の胸はとても痛むということを知ってほしいなと思う。



さて、ボッコボコの兄怪獣。 

ほっぺたあたりにもあざがあって、物をうまく咬むことができないと言う。

「お母さん、ゼリーみたいなんがいい~。そんなんしか食べられへん~」

今回、きっかけは「お互い様」だったけど、

ちょーっと相手がやりすぎかな?というのがお母さんのジャッジ。

なので、ちょっとだけわがままを聞いてあげることにしようか。

と、栄養ゼリーに玉子豆腐、モズクにプリンという、

咬まずに食べれる夕食ラインナップをそろえてみました。

しかも好物だらけ。 よかったね。

食欲はまったく問題がない兄怪獣、ぺろりと平らげてご満足な様子でしたです。

「翌日の方がひどくなる」と散々脅された目の周りのあざも、よく冷やしてたのがよかったのか、

翌日もそんなめちゃくちゃひどくなることもなく、

喧嘩から3日目の今日は普通に食事もできるようになりました。

若さってすごい 回復力・・・!?

えーーと、買いだめした栄養ゼリー、どうしようか・・・。









次回はちょっとお相手の方のお話をすこーし・・・。

男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。