上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兄怪獣の中間テストが終わりました。

もうね、テスト勉強が大変なんです。

夏休み中に一度スクールカウンセラーの先生の話を聞きに行った時、

兄怪獣が5年生の時にした発達テストの結果を見て、

「ああ、この子は応用問題とかはむずかしいね」


と言われました。

英語も、一つの単語がいろいろ変化することについていけないんじゃないかと。

兄怪獣は目で見たことには反応は早いのですが、

自分の頭で答えを導き出すという部分が少し弱いのです。

なので、勉強は「基本」を中心にということでした。


なので、私なりに兄怪獣の勉強プランを練ってみたりするわけですが、

いつもギリギリにならないと教科書なんかおもち帰りにならないので、

必然的にスケジュールはキュウキュウになってしまう。

が、兄怪獣は自由の国の住人。

私のアドバイスは無視して自分で勝手に「ラクな」方に流れます。

「そんなんじゃ頭に入らないんじゃないの?」

という私に

「いいの!自分のやりやすいようにやるから!!」とムキになって答える兄怪獣。

一応言っとくと、それでやって1学期ボロボロだったから、

今度は少しでもまともな点数がとれるようにと私も少ないノーミソしぼって

勉強の順番とか方法とか君に合わせて考えてるんだがな?

さらさらーっと勝手にやって、あっという間に終わる。

「はい、今日の分は終わり!」

えっと、まだ8時なんだけど? テストまで時間ないけど、ちゃんと覚えたの?

「え、そんなん一回で覚えられるわけないやん!」

これまたさらっとおっしゃる・・・。

お母さん、うおりゃぁぁ!!っとテーブルを返したくなるのをぐっと我慢。

兄怪獣としては

「自分はやったのにお母さんが褒めてくれないばかりかいちゃもんつけてくる」って気持ちなんでしょうね。

百歩譲ってその気持ちは分かったとしても、「覚えてません」「でもやりました」ってなによそれ。

テストなんだよ。覚えてないと書けないだろうが!!

ってお母さんだって湧き上がるイライラがあるわけで。

でも言えば言うほどお互いムキになってしまうので、

「わかった。じゃあお母さんはもう何も言わない。そのかわりちゃんと結果出しなさい」

というと、最終的に兄怪獣ブチ切れるというorz

勝手にやるし、覚えないけど、見離すのは許せない!ってとこでしょうか。

とにかくキレます。

キレたってどうしたって、「よくやったね」なんてセリフ、お母さんからは引き出せんよ、君。

ひとしきりキレて、気が済むまでお母さんに悪態の限りを尽くす兄怪獣。

こうなったら何を言ってもどうこたえても「自分への批判」とした受け取らなくなります。

会話が成立しない。ので、勝手に言わしておくと、「無視するなや!!」となります。

どないせぃっちゅうねん。 

普段はお母さんに「あのな」ということさえありません。

うっかり「あのな」と言ってしまったらあわてて「あ、間違えた『あのね』」と言い直す兄怪獣。

お母さんの前では「オレ」とさえ言いません。

それらは友達との間の言葉だから。

いつの間にか自然にそうなってる我が家のルール。

でもキレてるときはさすがにものすごい(それでも「オレ」とは言わない。習慣ってすごい)

なので、「お母さんにそれだけのこと言うんやから、もうお母さんに勉強のことは聞かんといてな」

と言うと、「なんでそうなるんじゃぁぁぁ!!」とこれまた意味不明の返しをされます。

いやいや、そんな君に何をどう教えると言うんじゃ?とお母さんが聞きたい。

まぁでも言いたいことをだいたい吐き出したらその後、しばらく別室でクールダウン(←自主的に)して、

20~30分たったら、「お母さんさっきはごめんなさい。勉強教えてください」となります。 

いいんだけどね。 

お母さん君ほどくっきりはっきり気持ちの切り替えできないよ・・・。

これがテスト前からテストが終わるまで何度か繰り返される我が家の無限ループ。

正直疲れるし、いい加減にしてほしいと思うし、時間の無駄やん!!って思う。

兄怪獣の「ごめんなさい」でお母さんが許せないときだってある。

思春期に入って、反抗期でもあって、むずかしさをました兄怪獣とのコミュニケーション。

経験することが何よりの学習手段なので、毎回懇切丁寧にお母さんの気持ちを説明します。

そしてどうしてもくどくなる(--)  私も簡潔に言葉を紡ぐ訓練しないとな。



こないだのケンカで、兄怪獣はやっと「無謀に向かっていくことの恐怖」と向き合いました。

実はあの後、N君が友達の筆箱を取り上げて放り投げて遊んでる場面に遭遇したそうです。

そして「やめさせたい」という気持ちと同時に「でもまた殴られたら怖い」って思ったそうです。

臆病者になってしまったと言われてもかまいません。

私は「やっと学習したな」って思いました。

今まではどんな状況だって向って行ってたんです。 「恐怖」を知らなかったから。

今回、それを学んだことは大きいんじゃないかと思います。

自分の力を知る。 相手の力を知る。

大事なことです。



話がそれました。

うんまぁ、とにかく、勉強に関しても自分の力をね。もっと知るべし!

ってことですかね。うん。




それでも1学期よりはすこーしだけ勉強時間が増えた兄怪獣。

よく見ればすこーしずつ成長してなくもない。

さてさて、テストの結果は来週です。 あー楽しみ。







今日は久しぶりに回転寿司に行った。ちょっとだけおなかを膨らませといてやろうと、おやつにボリュームのあるクッキーをそっと出しておいたのに、奴らは手をつけなかった。なぜかと聞いたら「これ食べたらおなか一杯になりそうだったから」 ああ、お母さんの悪巧みはまったくの無駄に終わったのでした。ふふ、財布が軽いぜ・・・。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。