上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家のある日のおやつ

リンゴ 
いただきものの蜜入りリンゴ

うーん おいしそう


「今日のおやつはリンゴにしようか(^^)」

と声をかけると、兄怪獣が

「やった!! じゃあ僕は丸かじりがしたい!!」

と言い出した。

えええ、なにそれ。すごい贅沢。

まあでもたまにはいいか。

そんじゃ、贅沢ついでに一人一個いっちゃおう! そうしよう!!

私 「じゃあさ、お母さんに一つむいてくれん?」

兄 「え!? ボクが!?」

私 「うん、ボクが(^皿^)」

兄 「ええええ・・・、うーん、じゃあ、やってみる」


というわけで、兄怪獣危なっかしい手つきでお母さんのリンゴをむいてくれることになりました。

リンゴ 
いやはや見てるのも怖い。

さすがにマルのまま剝くのは難易度が高いので、カットしてからね。

あ、彼の親指の絆創膏はこの皮むきの結果ではありません。念のため。


悪戦苦闘すること、十数分。

 「おかあさーん、もう、ちょっと、精神的にギブ!!」

「精神的にギブ」って言葉にバカ受けしながら見に行くと

リンゴ 
あれ・・・? 結構時間かかってたけどこんだけ??

「だって、めっちゃくちゃ気を使ってむいたんやで!!」

ちなみに、リンゴの皮をむくにあたって、私からの注意事項は二つ。

・皮を厚くむきすぎない
・せっかくの蜜入りだから芯もくりぬきすぎない

すごーく気を使って、がんばってこの二つを守ってチャレンジしてくれたようで、

外も中もガタガタながら、皮は薄く薄くむいてくれてました(^^)

しゃあない。今日はこの辺で勘弁しといてやるか(^皿^)

「ほんじゃ、また今度お願いするね(^^)」

といって私が後をひきつぐと、彼は大喜びで自分のリンゴにかぶりついておりました。

一仕事終えた後の丸かじりはまた格別の味だったようです。



その後、遊びに出かけてた弟怪獣も帰ってきて大喜びで丸かじり。



お母さん今回よくわかったよ。

きゅうりだってちくわだってりんごだって、いつだってなんだって

君たちの求めるものは丸かじり。






兄怪獣のむいてくれたリンゴは、彼の奮闘を物語るようにすこーしぬるくなってました。それもまたよし。 まあ、だけどもう少し包丁持たせないとだめだな。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。