上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで、ノンタン布絵本の製作話をば。

まずは表紙から。
ノンタン 

文字も一つ一つちゃんと切り抜いてます。

ココがまず最初の難関でした。

なにせ細かくて・・・。

最初は切り取った型紙をフェルト地に置いて鉛筆でかたどって・・・

ってしてたのですが、フェルトって写しにくいんですよね。

そこで自力で編み出した方法が型紙を直接フェルトにセロテープで貼り付けて

それを切りぬくという方法。


フェルト
こんな感じ。こうするとセロテープによってフェルト地そのものもしっかりするので

俄然切り抜きやすくなります。

フェルト

右がセロテープ法(←勝手に命名)

左が型紙を鉛筆で生地にうつしてきったもの。

できあがりの違いがわかりますでしょうか。

 右の方がか細かいところまで型紙に忠実に仕上がってます(^^)

こりゃあいい! この方法絶対おすすめ!!

って、すっかり自分で考えた風に語っておりますが、実はこれ正式な方法でした(爆)

別のフェルトアップリケの本を借りたとき、

(その本はもっと細かい細工のアップリケの本だったのですが、)

同じ方法が作り方として載っておりましたです(^^;


そんなわけで考案者にはなり損ねましたが、

そこに自分でたどり着いたことを褒めてやってください(←褒められたがりか!?)





そしてぬりつぶしてある裏表紙には、アルファベットボタンで甥っ子の名前を縫い付けてます(^^)
ノンタン
イメージはこんな感じ。

ボタンがカラフルなのですごくかわいい

まぁ自分でこれが読めるようになるころはこんな布絵本は見向きもされてないでしょうけども・・・。


**

続きまして2ページ目


ノンタンの朝のお目覚め
ノンタン  


ノンタン人形はベッドから出ることができます。

ここで苦労したのはおひげ。 刺繍糸3本取りのものをボンドで固めています。

 ノンタン
 


右ページの時計は針が動きます。

針の中に厚紙を入れて頑丈にして、根元に目打ちで穴をあけて、そこに糸を通せば完成。

文字盤もね、刺繍ですよ。 がんばっただよ。

ノンタン




**


さてさてお次のページ。

朝起きたら歯磨きですよーのページ。

ノンタン 




このノンタンは大きかったので作りやすかった(^^)
ノンタン 



問題は右のページ(--)

この辺りから細かい作業のオンパレードが続きます。


ノンタン 
歯ブラシの握りの部分は竹串を入れてふにゃふにゃしないようにしてあります。

それにしてもコップと歯磨き粉についてるノンタンの顏がめっちゃこまかい!!

たぶん絵本に出てくるイラストをそのまま再現してるんでしょうね。  

アップリケをボンドで貼るにも細かすぎるから手に引っ付いてきちゃう・・・。ちょっと苦労しました。

が、まだまだ細かさはこんなものではございませんよ。


**


お次はごはんのページ!
ノンタン 

いろんなごはんを作るのがめちゃくちゃ楽しいんだけど、とにかくこまかーい!!


本ではこのページのノンタンはお手手が固定されてるのですが、

私はここをちょっと変更いたしました。

ノンタン 
お手手にもマジックテープつけて、動くようにしたら、ほら!!

フォークとか持てちゃったりするんですよ(≧▽≦)



オムライスのほかにもこんなにたくさんのメニューがラインナップ(^皿^)

ココも、より楽しめるように、見本よりもメニューを増やしちゃってます。

うん、自分で勝手に苦労を増やしてるともいう。

ちなみに私のお気に入りは三食団子です(--)

ノンタン 







ちょーっと写真の量が多くなってきたので、製作話もう一回続きます。

・・・興味ない人には全く面白くない記事。

でも、完成品は妹のところにいっちゃうので、せめてここに残させてください(^^)




最近は一日一回は雨が降る。 お出かけには傘が必須アイテムです。めんどくさい。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。