上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところ、兄怪獣がちょっと情緒不安定です。

機嫌のいいときはしつこくからんでくるし、

機嫌の悪いときは部屋に引きこもって動画ばかり見てて、ちょっと注意すると逆切れ。

弟怪獣とも一触触発で常にとがった会話を交わしてる。

これが思春期で反抗期ってやつなのかぁ??

超めんどくさいんですけど。




というわけで、前回少しふれました通り、ネットの話。

兄怪獣の学年でも、半数以上の子がスマホを持っているようです。

スマホを持ってるとどういうことがあるかというと、

ラインでグループを作って連絡を取り合うんですね。

どうやら1年生の兄怪獣のクラスのスマホ所有者でラインのグループを作ってたらしいのですが、

このクラスでのグループというのがちょっと厄介で、

クラスの子のおかあさんによると、それによる仲間外れとかそういうことも起こるそうです。

テレビとかだけの話かと思ってたら、普通に身近に起こっててちょっとびっくり。


うちは、遠くの塾に通ってるわけでも、私が夜遅くまで家をあけるような仕事をしてるわけでもないので、

まだスマホは持たせていないのですが、今のところ特に不便はないように思います。

ただ、先日、ちょっとした事件?がありました。

兄怪獣が帰ってくるなり

「今度M本から500円もらうことになったから」

と言い出しました。

お金のやり取りというのは子供同士ではぜーったいさせてはいけない事項。

「いやいや、お母さん意味わかんないだけど、どゆこと?」

「なんかM本が僕の写真を勝手にラインに流したらしくて・・・・」

そのころ、まだガラケーを使ってた私自身、ラインの仕組みとかよくわかってなかったし、

兄怪獣も同じくそういうことがよくわかってなかったので、わからんもん同士の話はグダグダ。

で、四苦八苦して聞き取った兄怪獣がM本君から聞いたという話を要約すると、

えらい怖い話になった。


1.M本君に匿名のメールが来て、兄怪獣の写真をよこせと言われた。
2.そのメールは開くとお金が振り込まれる仕組みになっていた
3.M本君は無視したが、「お金払ったのになぜ写真を送らない?
  ウィルスを送ってお前のスマホを壊すぞ」と脅された
4.M本君は怖くなって兄怪獣の写真をその相手に送った
5.クラスのラインに、加工された兄怪獣の写真が流れた
6.責任を感じたM本君は兄怪獣にお詫びに500円支払うと約束した


おい。ちょっと待てM本。 

これがほんとならたぶん犯罪なんですけど。

1.と2.の段階で親に相談しろよ。ってレベルの話じゃないか。

なにかよからぬ匂いプンプンしますけど。

とはいうものの、怪しい箇所がたくさんある。

はい、結論から申しますと、これ全部ウソでした。

いや、兄怪獣の写真がラインに流れたとこはほんとなんですが。

わたしもスマホ持ってないもんだから話が見えないんですよね。

とにかくM本君が脅されたり、お金のやり取りがあったりという話が全部ウソ。

これだけでも心底ほっとしたよ。ホントに。

どうやら、冗談で兄怪獣の写真を加工してラインに流したのがばれたので、

やばいと思ったM本君は500円で黙らせようとしてきたらしい。

おい。ちょっと待てM本
←2回目 

ウソだってのはホントに良かったと思うよ。

でも、こういうウソがスラスラ出てきて「自分も被害者」みたいに振る舞うのはどうよ!?

結局黙らせようとした兄怪獣がお母さんに話してしまうような子で、

それ聞いた私が、大慌てで髪振り乱して学校に相談に行ってしまったことで、

あっけなくばれて話が終わったわけだけど。

まあね、私もおおげさなくらいあわてたけど、余計なウソをついたせいで

逆にばれてしまったという典型的なパターンでしたね。

その後、M本君がうちに謝りに来て、M本母からも平謝りの電話もらって、

今回の件はシュルシュルと音を立てて収束しました。

で、やっぱり子供がネットの世界に入り込むのは怖いなぁって心底思いました。

去年卒業した子たちは、それこそ裸の画像に加工された写真が出回って

警察沙汰にまでなったそうですよ。マジ怖い。



がしかし。

今回の件で、一番頭に来たのは、M本君にではなく、

むしろ学校の対応でした。

「親御さんが子供にスマホをもたせてる以上、学校でできることは何もありません」


ですと。

うぉい。ちょっと待て先生。←本日のパターン

何もないってどうゆうことでっしゃろか?

我が子が今まさに危険にさらされとりまんねん。

わかりまっしゃろ?

で、もう一度聞きますが、なんですって?

「学校でできることはありません」


じゃあなんで今日ここに
私をよんだんじゃぁぁぁぁl!!

(相談の電話したら、来てくださいと言われた)

そんなドアホな回答聞くために来たんちゃうぞごるぁぁぁぁぁぁああああ!!

と暴れそうでございました。←泣き寝入りする気はさらさらない。

スマホをもたせるかどうかは各家庭の方針であること。

そこまで、学校が制限できることではないこと。

だーーーかーーーら。

「そういうツールを生徒たちが持ってるという事実を把握してるんですから、

学校で何か指導をしてもらうことはできないんですか??」

「そういう時間は取ってます。でもそのあとの判断は本人次第なんです」

って、どこまでたよりないんじゃぁぁぁぁ!!

と、あっけにとられてしまいました。

ちなみに、担任の先生はさすがに神妙な顔して相談に乗ってくれましたが、

これ言ったの全部生徒指導の先生ですから。

おーまーえーのーしーごーとーはーなーんーでーすーかぁぁぁ!?

って話ですよなぁ。まったく。怒りが収まらん。

とりあえず、今回のことは本人にきちんと話を聞くこと、

やばい話だったら警察に相談することを約束してもらうことはできましたが、

なんか納得できない。

「うちは必要もないのでそんな危険なものはもたせてないですが」

と言ったら

「それがいいと思います。 ただ、持ってなくても簡単に巻き込まれますよ」

「兄怪獣君は、巻き込まれる危険はあるけど、人を巻き込む危険がないからマシですよ」

はぁ? 何言ってんのこのオジサン?

意味わからん。

マジで意味わからん。

わたし、あほなんやろか。

マシやからどないやっちゅうねん。

みんなが安全にそういうツールを使えるようにきちんと指導してくれよ、ほんまに。

川崎の中一の子の事件の直後だったのでね。

余計ピリピリしてた時期だけにイラっとしてしまいました。

ラインの怖さとか、ネットでつながっていく怖さとか、ほんまにきちんと指導してください。



ちなみに、警察沙汰になった卒業生の件、犯人が分かったのがつい最近のことだそうで、

警察が学校に「被害者の方たちに連絡を取ってほしい」と言ったら、

「個人情報もあるし、卒業生の連絡先は教えられません」と断ったらしい。

相手、警察ですよ? 断るとこですか? 

それに、被害者の子たちの心のケアとかはもう関係ないの?

学校って、こんなにあてにできないところなのかと、ほんと愕然といたします。



今回ちょっと終始怒りのテンション高くて、関西のおばちゃんの本性がバリバリ出てしまったわ。

ごめんあそばせ。




スマホを手にして約半月。 友達のラインのスピードについて行けず、どんどん話からおいて行かれる今日この頃。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。