上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家は朝はパン派なのですが、

昨日で食パンが切れてしまいまして。

昨日はcafeのお仕事から急いで帰ってきたから買い物に行けてなくて、

かといっていったん家に帰ってしまうとまた出るのも面倒で、

ちょうど帰ってきた兄怪獣にお使いを頼むことに決定。

数か月前にマンションのすぐ近くにコンビニができたので、

ブラザーズにちょこっとお使いを頼むのに重宝いたします。



で、食パンは150円もしないので、200円を持たせて出発。

しばらくして帰ってきた兄怪獣、なんだかもじもじしている。

「どしたん? ちゃんと買えた?」

と聞くと

「うん! ちゃんと買ってきたよ!」

と言った後ふたたびもじもじくん。

「それでね。 お母さんはいつも僕らのために頑張ってくれてるからね、

お母さんが好きかなあ?と思って買ってきちゃったの・・・」

と差し出されたものがこちら。

 201112161212000.jpg

チョコ好きな母のために兄怪獣残り少ないお金で渾身のチョイス
(ちなみに上が32円、下が20円)



うーん・・・。

気持ちは嬉しい。

でも、お使いのおつりは、レシートと一緒に返すのがお約束。

「母へのプレゼント」と言いつつ、それは生活費の一部なわけで。

最近はちょっといろいろあっておこずかいを渡していないので、

「自分で好きなものを買う」という醍醐味を味わってない兄怪獣。

やっちゃったなー…というのが正直な母の思い。



***

話は脱線しますが。

実は兄怪獣は「発達障害の傾向がある」と言われています。

ちゃんと病院で検査した結果ではありませんが、

去年、市の相談機関で発達テストを受け、そういわれました。

それから1年半近く、プレイセラピーに通っています。

プレイセラピーとは、遊びを通して自分と他者を区別していくという訓練です。

兄怪獣は 「衝動性」が強いタイプで、我慢したり、人の気持ちを考えたりするのが苦手。

そしてほかの4年生のお友達より精神面が若干幼いです。

そういう部分を受け入れて、いい方向に導いてあげれるよう、私も勉強中なのです。

ただ、普段はほかの子より少し(7いやかなり?)やんちゃだなぁってくらいで、

パッと見には「発達障害」とはわからないと思います。

だから私も特に親しい人以外にはあえてあまり言ってこなかったのですが、

(まだまだ誤解されやすい呼称だと思うし、理解されにくいものだと思うので)

この話もこれから少しずつしていきたいと思います。

***



今回は、 「買い物がしたかった気持ち」が我慢できず、

「お母さんに買ってあげる」 という言い訳を見つけることで

押し通したんだろうと思われます。

ほんとうはそんなうがった見方をせずに純粋に喜んであげたいんですけど、

ここで喜んでしまうと、今後お使いのたびに「お母さんにプレゼント」を買ってきかねない。


だから

「ありがとう。 おかあさんの好きそうなもの考えてくれたんやね。 嬉しいよ。

でも、お使いの時はお母さんのお金を持って行ってるんだから、

今度からはちゃんとおつりは返してね」

とこちらも伝えたいことはきちんと伝える。

言葉にしないとわからないですもんね。



ほんとは「おつりを使い込んだ兄怪獣(≧▽≦)」って笑い話にしようかとも思ったんだけど、

ちょっといろいろ考えてしまったので、正直にさりげなく?カミングアウトしてみました。







だけどその優しさはプライスレス
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります



←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nikohouse.blog67.fc2.com/tb.php/97-70ffa41d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。