上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07.07 編みすぎ
春に西宮でフリマをしたのは4月の話。

なんだかもう遠い昔の話のようです。

amiami

その時に一緒に店番をしたSAWAちゃんという同い年の方と、共同出店した先生に

帽子と麻紐バッグを依頼されておりました。

で、とりあえず夏までに編むべし!と思ってはいたものの、

仕事をしながら役員の仕事をするということがなかなか大変で、

編み物をしようという気力がわきませんでした。

が、6月の初めに「今月いつものcafeで会いませんかー」ってお誘いいただいたので、

これはこの日までに頑張って編み上げねばならない!と思いつつ、

結局、麻紐のバッグが仕上がるのにいつもの倍の時間をかけてしまい、

あと帽子を二つ編まないといけない!という時点で残された時間は4日。 そのうち二日は仕事。

普段、4日で一つが私のペース。 これは頭を下げて白旗を上げるべきか。

でもしかし、依頼を受けてから十分すぎる時間をもらってたじゃないか自分。

これは何が何でも頑張るのが筋ってもんじゃないのかい???

と心の中で葛藤してる間に編みなさいよ自分。

ってことで、家事を最小限にして久々に編み物に没頭して4日で帽子二つ!仕上げました。

やればできる! でももうやらないけど。こんな危ない橋は二度と渡らない。

と言うわけで、「頑張った私!」 といううざい前置き(←自覚アリ)

を前面に押し出してからの作品紹介です。どうぞ。



まずはsawaちゃんに依頼された麻紐バッグ。

amimai

赤の杢が入った麻紐のボーダー。

実はこれ、私が何年か前に自分用に編んだ青のボーダーを見て依頼してくれました。


その青のボーダーはこちら。 、
amiami 

もうだいぶ前に編んだものなので、持ち手の長さを変えていたのか、

ただ単に伸びちゃったのかよくわからない(^^:)




amiami 

並べてみるとこんな感じ。 麻の部分の色がずいぶん違うのは何年も使い込んでる証! 

皮製品が使い込むといい色になるのはよく知られた話ですが、麻紐もそうなんですね。

ぜひ、いい色になるまでかわいがってやってください(^^)




そして帽子はこちら。

amiami 

これも西宮時代に結構たくさんの方に依頼されて編んだものです。

巷では「ヘレン・カミンスキーもどき」と呼ばれてる形ですね(^^)

ヘレンなにがしの帽子はお高いので有名ですが、編んでしまえばこっちのもの。

「なんちゃってヘレン」2丁あがり!(ちなみに本物はこちら→☆

というわけで、ご依頼の品は無事にお手元に届けることができました。
amiami 
先生着画。素敵素敵~(≧▽≦)



で、このときにcafeのオーナーのtomoちゃんからお店に置いとく分として話をもらったので、

再び編み編み。 今回は少し自分のペースでゆっくり。


amiami amimai
基本同じものなので代わり映えしませんが、今回はお店に置くので注意書きなんぞ。

思いっきり手書きですがね。 すごいハンドメイド感。




で、このときに帽子一個じゃなんなので、こちらのグラスカバーも編んでみた。

amiami 
夏場、飲み物に氷を入れたらコップが汗をかくでしょ? 

それでテーブル濡れちゃって「もぉぉ」ってことになるでしょ? なるよね? うん、なるなる。

そんな悩みをかわいく解消してくれるのがこちらのグラスカバーです。えっへん。



ちなみにお店では帽子が一個3000円。 グラスカバーは一個300円で出してもらってます。

(ここで具体的なお値段を言うのは初めてで、ちょっとはずかしい)






で、お店用の帽子を編んだあたりから、右手に異変が出てきました。

もともと、仕事で重い荷物を運ぶことが多く、ちょっと手首あたりを痛めていたところに、

久々の爆編みでとどめを刺してしまったようです。

麻紐もアンダリヤも量産するにはちょっと手ごわい糸なので、負担がかかってしまったらしい。

ここんとこ仕事も忙しくてなかなか休めなかったのですが、

今週末、やっとなんとかまとまった休みがとれそうなので、

ちょっと手を休めて痛みが取れてから次のものを作りたいなぁと思います。










せっかくの七夕も雨でしたねー。 今年はなかなか梅雨が終わらない気がする。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです






今日も今日とてお母さんの座椅子を占拠

ニコ 

最近は「ここは僕の場所だから」と言わんばかりに堂々と占拠なさっております。





ニコ

でもまぁかわいいから許しちゃう。




ニコ

安心しきって眠る君の寝顔が愛しい。






寝顔が・・・





  ニコ

・・・・って

寝てへんのかーーい!!

ビビるわ。ほんまに(--;)

愛しいこの子は寝ても覚めてもお母さんの心臓わしづかみ。






ドキドキするのは怖いからじゃない。 ほら、怖くない。 うふふ。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

 
「6月は頑張って更新するぞ!」との誓いもむなしく、本日最終日ですね。 テヘぺロ

つい先日、私の誕生日も無事に通り過ぎて行きました。

祝ってくれたのは父だけ。 なんたってお嬢だからね。 父ありがとう。




さて、我が家の思春期爆発小僧。(その1の内容はこちら→☆

あいかわらず思春期の情緒不安定をつっぱしっております。

今日はそんな彼のちょっと前のお話。


ある日、学校から帰るなり、彼が聞いてきました。

兄 「お母さん、うちってなんの洗剤使ってる?」

母 「は?? 洗剤?? ・・・ってなに?」

兄 「洗剤やん!!」

母 「いや、ごめん。意味は分かってる。 なに、どっかかゆくなったりしたの?」

兄 「ちゃうねん。 なんか先輩がいいにおいがするって・・・・

母 「はぁ?? なんて ???  はっきり言わな聞こえへん!!」

兄 「『兄怪獣からいいにおいする』って言うねん」

ぶっ!!

はぁ。いいにおいですか。 じゃあ、柔軟剤・・・かな。



ちなみに我が家の柔軟剤の名前はジュリエット←ほんとにこんな名前。

そのネーミングからはどんな匂いがするのかま―ったく想像できないので、

じゃあ使ってみようとお試しで使ってドハマりしました(←母の職場はドラッグストア)



母 「へぇぇ、いいにおいって言われたんや。」

兄 「うん、それでジャージをグイっとつかまれてめっちゃにおわれてん」

母 「へぇぇぇぇぇ(にんまり) そうかそうか。そんなことがあったんか。

 あ、でも、キミ的にはそれはイヤやったん?? イヤやったんなら柔軟剤かえるで?」

すると、兄怪獣右手でお母さんを制して一言

兄 「いや、そのままでいいから」


え、なに、それちょっと嬉しかったんや?? そうか嬉しかったんか!?

どんな顔して先輩からクンクンされてたのかとか想像したら、

しばらく母の腹筋はよじれてよじれてどうしてくれようこのやろうって感じでした。

思春期ってもうなんていうか、もうもう大変!








こんなほのぼの記事をアップできる時は我が家はそこそこ平和ってことですよ。 期末テストの結果さえ気にしなければめちゃ平和。
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです
昨日つくもがみの話を描いたので、不思議話のくくりで一つ。

もうそろそろ書いても大丈夫かなぁと思ったので。



まだここに引っ越してくる前、西宮に住んでいたころのお話。

当時、殿との関係で悩みに悩んでいた時期のことです。

私は腹が立つことだったりむかつくことだったりは、

ネタみたいにして友達に話すことはありましたが、

まぁ本気でしんどい話はなかなか話せなかったり、話せても消化できなかったりするタイプ。

そんなことを抱え込んでいた時、眠ってしまいたくなりました。

もうそれこそ、いつまでもいつまでも眠っていたかった。

その眠りの先にあるもののことはあまり考えないようにしてましたが、

それでもいいとさえ思っていました。←ザ・投げやり。

そのくらいしんどい時期がありました。

で、その眠ってしまう方法と言うのが、実は家にあったんです。

殿の仕事は製薬会社の営業マン。

薬関係のお仕事ですね。薬剤師の友達ももちろんいますよね。

そんな関係を使ってか、どうゆう風に手に入れたのかは知りませんけども、

まだ若かりし頃に、「女の子の飲み物に入れるため」とかなんとかで結構大量に持っていました。

若気のいたりってやつですね。

まぁ、実際に使うようなことはしてないと思いますけどね。犯罪だし。

とにかく、睡眠薬と言うものが家にあったのです。

どこにしまってあるかも知ってたので、私は迷わずその隠し場所に行きました。

しかし。

しまってあるその場所にないんです。

どれだけ探しても、範囲を広げて探してもない。

どうしてよ! 今! 私は今欲しいのに!!


ともう、それこそそこら辺のものを引っ張り出して探してもない。

その後、しばらくは何度かそれを繰り返してました。

私自身、ちょっとおかしくなってたと思います。

何度も何度も同じ場所を。繰り返し繰り返し。

でも結局睡眠薬が出てくることはありませんでした。

そのうち、私も前を向くようになりました。

まだ乗り越えれたわけじゃないけど、現実に子供たちがいることを、

心配してくれる親のことを考えました。

そのあと、とんとんと住む家が見つかり、引越しが決まりして、

眠ってる場合じゃなくなりました。

そして、ふと何度も探した場所を見たら、そこに薬はあったんです。

どうしてあの時見つけられなかったのか、今でもすごーく不思議です。



こっちに引っ越して来るときに、お守り代わりに薬の箱は持ってきました。

たぶん、すごく古いから薬効はほとんどないんだろうけど、

あの時見つけられなかった薬を、今も持ってます。

ちょっと前、父にその話をぽろっとしたら、「お母さんやろな」って。

ああ、たぶんそうなんだろうな。私もそれしか思い浮かばないや。


何年か前に、自称霊媒師のおじさんに

「あんたは強いからあんたの周りにはだーれも守護してない」って言われたことあったけど、

なによ。オジサン視えてなかっただけじゃないの?

ほらね、いざって時はちゃんと守ってくれてるんじゃない。って思ったのでした。


そんな私の不思議なお話でした。ちゃんちゃん。





今日は弟怪獣が風呂上りにパン一で「だいぶお腹の筋肉硬くなってきたでー」とおなかパンチさせてくれました。なんで男子というやつは腹パンチをさせたがるのでしょうか。

男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです

最近月一ブログとなりつつあります。こんばんは。

6月に入ってすぐ弟怪獣の小学校の運動会がありました。

小学校生活最後の、我が家としても最後の家族でお弁当食べる運動会が 終了しました。

やっぱいろいろな場面であふれてくるしょっぱい水。

うーん、今年はこうやって一つ一つの行事をかみしめていくわけですね。



***

さて、ここんとこ急激に成長してるらしい弟怪獣。

「履けるズボンがない!」 と不満を漏らしてらっしゃったので、作らせていただきました。

ええ、布があるんですもの。

そしてお金はないんですもの。

作るがな。

ただ、男子の服の型紙って、大き目サイズはほとんどなくて、

でも弟怪獣は前と同じようなのが欲しいと言うので、いろいろ試した結果

前に作った型紙を本の指示に従ってすこーし幅を広げることに成功しました。

うーん、また私のスキルが一つ上がった(←当社比)

で、作ったのはこちらのカーゴポケット付きハーフパンツ。

pantu  

なぜか思いっきり緑色のコットン地。

「子供たちのパンツ作るのにちょうどいい!」と思って買った記憶がある。

なんで緑色にしちゃったんだよ、当時の自分。 

と思ったけど、白糸でステッチ入れたらなんとかそれなりのものが仕上がりました。



さて、今回型紙を自力で大きくすることに成功するなど、

我ながらちょっとずつできることが増えてます。

振り返ってみれば、私が苦手だったミシンを始めるきっかけは兄怪獣の入園準備。

そう、年に数着というペースながら、私もすでに10年を超える年月服を作ってるんです。

(逆にホントならもっとスキルが高くなっててもおかしくないがそれは置いといて)

今使ってるミシンは、入園準備に先立って購入したもの。

このミシンは私のソーイング歴そのものなのです。



事件はパンツの脇を縫い合わせてるときに起こりました。

ミシンを踏みながらぼんやりと考え事をしていたわたくし。

「ああ、そういえばこのミシンも使い始めて10年超えてるってことよねー。

一般的に家電製品って10年が寿命? 

あらやだ、この子もいつ動かなくなってもおかしくないってこと??

そうすると次に買うのはどんなレベルのミシンにしようかなぁ。

そうそう贅沢はできないし。 でもミシンのレベル落とすのはちょっとなぁ・・・。

あ、『自分へのご褒美!』ってことにしてちょっと奮発するってのもアリかしら・・・・?」←長考


その時!

ガガガガッガッガガガッガ!!

という激しい音とともに針が前にも後ろにも進まなくなりました。

えええええ! なにこれ!

あわてて糸を切って裏を見ると、信じられないくらい絡まった糸のあと・・・。

これはあれだ。付喪神(つくもがみ)がついたのだ!

(つくもがみ : 長く使ったものや古いものに宿る神様ですね)

あな恐ろしや。ミシンについた付喪神様が私の不埒な思考を読み、お怒りになられたのだ。

いかん! 非常にいかん!! 

私はミシンをひとなでしながら

「変なこと考えちゃってすいません! もう、いやだなぁ、冗談に決まってるじゃないですかぁ。 

これまでずっと私の成長を見守ってきてもらってるんだから、これからもずっと見ててくれなきゃー!

大事にするから、よろしく頼みますよ~」

と心から反省して、念じるようにつぶやきながらミシンを再開したところ、

その後は全く引っかかりもせず美しく縫いあがりましたとさ。


いやもう、ほんとにね。物はだいじにせなあきません。

ともに成長してきたものは特に・・・ね。









今日は朝から空が怪しかったのに、兄怪獣が傘も持たずに家を出るから、「おーい!! 傘! 傘!!」と追いかけたら、「いらんし!」と突き放されてしまいました。なんなのその態度! むかつくわぁ。こっちはボサボサの頭で追いかけたったのに。案の定、夕方には土砂降りになりましたが、傘なんか届けてやりませんでしたとも<(`^´)>  
男の子育児.gif猫ブログ.gif←押してくれると励みになります


←こちらにも参加しています。押していただけると嬉しいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。